人気ブログランキング |

宝塚市議会議員 伊福よしはる 活動日記


宝塚市議会議員 伊福よしはるの日々の活動をつづります
by ifuku_yoshiharu
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索
ホームページ
最新の記事
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

アウトカム志向の「事務事業評価」 第2日目

a0084645_18132976.jpg
今日は、2日目。

2日目は、参加した職員と事務事業評価(行政評価)に関して、グループワークを行いました。

話し合いの中ででてきた意見は、ほとんど、どこの自治体も同じでした。


出てきた意見(問題点)を以下に示します。

財務会計システムに、事務事業のシステムが組み込まれているのですが、予算との連動がうまくできておらす、決算→予算の流れがうまくいっていないそうです

・また、事務事業の目標数値の設定値を低く見積もり、達成度をあげるというやり方に困っているそうです。

事務事業の目標値をどうやって設定すればよいのか?

・予算の項目と事務事業の項目をあわして、できるだけ決算→予算の連動を図っているという意見もありました。

・また、評価指標のアウトプットとアウトカムという考え方がきちんとできておらず、成果重視の事務事業評価になっていない等の意見もありました。

これは、宝塚市も全く同じです。


・あと、事務事業の評価指標をA~D評価等の数値や記号を使った評価をとっているか?という意見があり、これに対し、本当に段階を分けて評価をする必要があるのか?などの意見がありました。

私としては、数値が低いから事務事業として劣っているのではなく、評価が低い理由がそこにはあると思うのです。

つまり、効率性が悪いから低いとか、妥当性、有効性の分類が低いなどの理由が数値として出てきているだけだと思います。

数値で表記している方が、判断はし易いので、ここは、表記すべきと話し合いの場で意見しておきました。


・あと、外部評価をどうやってやっているか?外部評価委員をどういう選考基準で決めるかといった意見がありました。

他の自治体では、行財政改革審議会や公認会計士に頼んで、評価をしてもらっている等意見がありました。


・私からは、担当職員が事業の必要性など改善など、本当にやっているのかどうか?など質問をしました。

その回答として、

現在の財政状況を踏まえ、職員の定数が削減されているのは事実。

その現状を踏まえると必然的に改善を行っていかないと、減らされた人数で今までの仕事をするのは無理がある。

仕事を回していくために職員は事業の改善を常に行っているはずだという意見もありました。

つまり実態としては、改善は行われているが、事務事業評価シートに記入するのが面倒くさいためじゃないかと言っていました。

★私の意見として、話し合いの場で言ったのは、

民間の仕事は、売上げや利益といった数値である種評価ができる。

行政の仕事の評価は、成果を示すしか方法がない。

そのため、行政評価でしっかりと成果を報告しないと、いつまでたっても行政は何をやっているのかと言われるだけだ。

行政の仕事は成果を出すこと。



・他の意見として、財政のシステムに事務事業の仕組みを組み込んだものの、全体としてそれぞれの計画が連動して回るようにシステムを設計していないため、一度回りだして、途中で改善点が発生してもなかなかシステムの変更ができずに、今まできていると言った問題点も聞くことができました。

行政は、えてして、一度決めたシステムで運用しだすと、なかなか変更できないのです。



◆宝塚市においても、

事務事業評価を行い、以下の目標をおいてやっています。

①説明責任(アカウンタビリティー)の向上

②行政サービスの質の向上の実現

③市民の立場に立った成果重視の行政実現


上記3つをあげていますが、本当にこれらが満足されているかは疑問です。

みなさんも宝塚市の事務事業評価を一度ごらんになっていただければ分かると思いますが、本当に住民への説明責任の資料になっているのでしょうか?

読んでいただければ、分かりますが、全く理解できないことだらけです。

民間企業であれば、利益という指標で活動の結果を表すことができます。

しかし、行政の場合、利益という観点がないため、行政の活動を評価する方法は、事務事業評価などの行政評価しかありません。

その行政評価を市民が見て、本当に行政の活動の成果が理解できるのでしょうか?

行政評価は、もっと説明責任を踏まえ分かりやすく、誰がみても成果が分かるものでなければいけないと思います。

今後も市民のために役立つ所=役所として、行政評価のあり方に関して、行政へ苦言を呈していきたいと思います。



今回の研修ですが、講師の時間の使い方にムダが多すぎました。

1日でも良い中身でした。

by ifuku_yoshiharu | 2010-11-16 21:13
<< 平成22年第4回(12月)定例... アウトカム志向の「事務事業評価... >>