宝塚市議会議員 伊福よしはる 活動日記


宝塚市議会議員 伊福よしはるの日々の活動をつづります
by ifuku_yoshiharu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
検索
ホームページ
最新の記事
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2期目へ挑戦 伊福の決意

a0084645_22594152.jpg
いよいよ明日から選挙戦に突入します。

いろいろと支えてくれた皆さん、応援してくれた皆さん、本当にありがとうございます。

明日からホームページは更新できませんので、最後に私の思いを書きたいと思います。



宝塚市は、全国的に有名な町です。

どこに行っても、「宝塚から来ました。」と言うと、「良いところから来たんですね。」

と言ってもらえます。

イメージは、すごくいいんです。


数年前のインターネット調査では、

文化芸術で連想する都市 第2位が宝塚市です。

学術芸術で連想する都市も 第2位が宝塚市です。

本当にイメージは良いんです。


しかし、実際はどうでしょうか?


2代続けて市長が逮捕されたり、無免許運転で市議が捕まったりと、

政治がマイナスイメージを作り出しています。


一生懸命活動している議員も同じように見られることを非常に遺憾に思っています。



私は宝塚市のために、一生懸命に頑張ってきました。

このブログで、日々の活動報告をしていますが、視察の報告や勉強してきたこともこのブログに掲載しています。

その抜粋を4年間の活動報告としてまとめていますので、一読頂ければと思います。


4年間の活動報告



すばらしい評価を受けている宝塚市を、イメージ通りの宝塚市にしたい!

そのためには、

1.まず、宝塚市の政治を立て直さなければなりません。

皆さんにとって、理想の政治家とは、どういうものでしょうか?



給与削減、職員削減、人件費削減、ムダの削減!

あれをやります、これをやります、と言ってもすべて財源の裏打ちがなければできないことです。


民主党が、子ども手当や高速道路無料化、高校無償化など、次々に耳障りの良い政策をならべましたが、すべて中途半端で終わっています。

特に子ども手当は、だまされました。


今回も様々な候補者が言う、

一過性のパフォーマンスにだまされないようにして欲しいと思います。

その見分け方のヒントを掲載しておきます。
善と悪



2.財政分析から宝塚市の将来が分かる

宝塚市の財政分析(分析したポイントをまとめています)


財政の根拠がなければ、あれもできます、これもできます、なんて言えません。

宝塚市の財政をひも解いていくと、

やはり、兵庫県や阪神間では、阪神・淡路大震災のときの借金の影響が大きく、財政に負担をかけています。

毎年の借金の返済額について、全国市町村や、類似している市と比較すると、5%前後高い値になっています。

まず、借金の返済に力をいれなけばなりません。



次ぎに、給与等の人件費です。

宝塚市は、全国市町村や、類似している市と比べて、5~9%高い値になっています。

これは、

1つに、宝塚市はいろいろなところに公務員を配置し、他市と比べサービスの充実を図っていると言えます。

2つは、地方公務員の給与は、ある程度、都市間の物価の格差を給与に反映させています。そのため、宝塚市の物価は、地方と比べて高く、それが給与が高くなっている1つの要因になっています。


なので、この人件費を削減するためには、2つの方法を行う必要があります。

1.民間でできることは、民間に任していく。

2.給与に反映されている地域間格差の割合を低くし、給与の削減を行う。



次ぎに、

一番問題なのが、社会保障費関連の激増です。

少子高齢化や生活保護世帯の急増で、社会保障費関連の費用が年々増加の一途なのです。

デフレの影響により、企業は、賃金の安い海外へ拠点をシフトし、国内の労働は減少するばかりです。

そのため、就職難や生活保護を受ける世帯が増加し、社会保障費関連の増加が止まりません。

これを解消するためには、予算をゼロベースで見直し、

補助金など必要以上のお金のばらまきをやめ、それぞれが受けるサービスとして、提供していかねばなりません。



しかし、

◆コスト削減ばかり言っていては、いけません。

市の収入をあげる方法もとっていくべきです。


近隣や類似した市を見てみると、宝塚市はダントツに法人市民税が低くなっています。(宝塚市の財政分析をご覧下さい。)

現在でも、大手企業が宝塚市からどんどん撤退しています。


他市をみても、それほど優秀な企業誘致の戦略をとっていません。つまり逆を返せば、他市なみの政策をしっかりと行えば、法人市民税のアップが見込めるということなのです。



◆すべては、まちづくりのために

宝塚市の財政分析は、すなわち宝塚市の「まちづくり」のためなのです。

コスト削減も宝塚市のまちづくりに活用されなければ意味がありません。

収入アップも、同様です。


企業が増えれば、仕事帰り、一杯やって帰るか!なんて、同僚と飲みに行く機会が多くなります。

そうすれば、駅前の居酒屋などに、仕事帰りのサラリーマンがお金を落としていきます。

しかし、今はそんな風景もほとんどなくなりました。

駅前も寂しいかぎりです。


また、企業が増えれば、雇用も増えます。

また、近くで働ける環境があれば、定年後もアルバイトができます。


<まとめ>
収入を確保していくためには、阪神間のベットタウンとしての魅力を高めながら、積極的に企業誘致を行い、市内でも働ける場所を確保し、市内でお金を循環する仕組みを作り、バランスのとれたまちづくりが必要なのです。



国民が連想するイメージ通りの宝塚市に戻していくためにも

みなさんの力を伊福に貸してください。

宝塚市民の潜在能力は、もっとすごいはずです。

本来の宝塚市を取り戻すために!!

伊福は頑張ります。

みなさんのために、宝塚市のため!!!
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2011-04-16 22:58
<< おかげさまで 2期目も当選する... 末成幼稚園 入園式 >>