宝塚市議会議員 伊福よしはる 活動日記


宝塚市議会議員 伊福よしはるの日々の活動をつづります
by ifuku_yoshiharu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
ホームページ
最新の記事
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

地方自治体における定員管理と定数算定 第2日目

a0084645_07389.jpg

<第2日目>

◆定数算定の方法

①ミクロによる方法

各部門が担当する単位業務について各種の分析手法を使用して事務量を測定し、その結果を1人あたりの処理で割り、各部門の必要職員数を算出し、各部門の値を積み上げ全体の必要職員数を求める方法。


②マクロによる方法

人口や財源額等をベースにし、類似団体との比較から、相対的に適正な職員数を算定する方法。総務省が発表する人口段階別の定員モデルや定員回帰指標、類似団体別職員数も、この方法による。



◆ミクロ的(事務量測定)定員算定の方法

標準的な事務処理時間を設定して、それをもとに職員数を算出する方法。

事務量を測定するための前提条件

①繰り返し、一定の方法で行われる。

②一定期間、事務の内容が同質である。

③出来高と処理時間が的確に測定できる。=数えられる事務

④規則的やり方で行えるだけのまとまった量がある。



◆事務特性とミクロ的算定の関係

特性-非等価性、分担業務の多様(非定型)性

発生周期-偶発性、誘発性

処理特性-融通性、適時処理性


画一的なサービスでしか、使えない。
窓口サービス、図書館(貸し出しサービス)、同質性、繰り返し性があること。

全庁でやることはできない。
やるならば、条件が整った職場でやること。



◆ミクロ的算定の手順

①組織、職務の分析と改善

②事務の分析と改善

③単位事務の抽出と整理

④単位事務ごとの事務量測定
単位(作業量、処理時間)の決定

・数えることができるもの

・作業努力を示すもの

・作業結果を具体的に表すもの

・統一性を持つこと

⑤事務量調査実施

⑥付帯調査(勤務日数、超過勤務時間、有給休暇、公休、稼働率)

⑦標準作業量と標準(正味)時間の測定

⑧標準稼働率及び標準余裕率の設定(標準稼働率+標準余裕率=100%)
標準余裕率の過去のデータ:15~30%

⑨定数算定

係の月別必要人員=(月総事務量(月件数×1件処理時間)+月総間接時間)/((1人月勤務日数-1人月予定休暇日数)×1日労働時間×標準稼働率)

事務量:見積記載法、実績記録法、時間研究、規定時間法による測定
稼働率:ワークサンプリング法による測定






◆マクロ的定員算定の方法

・類似性の高い他の地方公共団体と比較して標準的な職員数を算定する方法。

・総務省が発表している人口段階別の定員モデルは、この方法を採用する。

(1)算定の際のポイント

①産業構造が類似している団体を選択し、類似団体に対して調査依頼状、職員数調査票、行政客体件数調査票などの調査票の記入を依頼する。

②常備消防の有無や公立病院の有無などにより定員算定の条件が異なるので、極力同じ条件の団体を揃える。

③調査団体数は誤差の大きさから考え30団体程度欲しい。(団体数が少ない場合、算定結果に誤差が大きく現れる。)




◎総務省の地方公共団体定員管理研究会による第9次定員モデル

その後、電卓を用いて演習を行った。


・マクロ分析の基礎、回帰分析を理解する

・エクセルを活用した、単回帰モデルの算出

・回帰方程式の評価の仕方(どのモデルが適切か)

・重回帰モデルの算出と評価


<ポイント>
・出てきた数字に味付けが必要。

・超過勤務実態、有給休暇取得状況、上司の能力で見ていく。

・上司が変われば、必要な職員数が替わる。

・ダメな上司は、指示命令が不明確である、必要な情報を手放さないなど、負の要因が大きい。

・逆に、優秀な上司の場合は、その上司の能力を数値にONしない。

・あくまでも、平均的な上司の場合を想定すること。



◎人材育成、能力開発という観点から

・研修効果測定(カークパトリック)


◆能力が高くなるとどれだけ仕事がはかどるか?

・待ち行列の意味と定員算定への影響

今回の事例の場合は、能力が2倍になると、作業時間は87%短縮された。

人材の能力開発は、非常に重要である。




<まとめ>

議員の定数問題にも全く関連しない訳ではない、職員の定数管理について。

一番のポイントは、民間企業のように要因管理ではないということ。

公としては、一定の定員が必要であるということ。


定員の算定方法としては、ミクロ的算定で見ると、民間企業が行なっているABC分析を使っていた。

マクロ的算定方法だと、結局は、類似団体との相関しか今のところ方法はないようだ。


本来であれば、地方分権と言われているように、自治体の定員は各自治体で決めれば良いのだ。

しかし、定員適正化計画は、国の音頭で作らされている。

結局は、中央集権であり、他とは違うものを受け入れ難い日本人的発想の塊である。


自分たちの自治体は、つまり、公の大きさは、各自治体で決めていくべきである。

他の自治体の定員数は、あくまで参考である。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2012-06-15 22:06
<< 指定管理者制度の運用基礎実務講... 地方自治体における定員管理と定... >>