人気ブログランキング |

宝塚市議会議員 伊福よしはる 活動日記


宝塚市議会議員 伊福よしはるの日々の活動をつづります
by ifuku_yoshiharu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
検索
ホームページ
最新の記事
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

2010年 11月 30日 ( 1 )


伊藤忠グラウンド取得 賛成多数で可決

a0084645_1312481.jpg
今日、本会議が開会されました。

内容は、議員の期末手当削減と宝塚市花屋敷にある伊藤忠グラウンドの取得に関してです。

期末手当については、全会一致で可決。

伊藤忠グラウンドについては、一部の会派が反対しましたが、賛成多数で可決されました。

宝塚市は、近隣に比べグラウンドの数が圧倒的に少ないのです。

また、全国の類似団体と比べても圧倒的にグラウンドが少ない状況です。


今回の伊藤忠グラウンドについては、以前から伊藤忠商事から売却等の話がありました。

私としては、財政的に苦しいので、市が持っている塩漬けになっている土地と等価交換を進めていました。

そんなこんなで話がすすんでいる中、伊藤忠から売却したい旨の連絡があったそうです。

伊藤忠商事も一時は、V字回復しましたが、やはりリーマンショックなどのあおりや、デフレスパイラルの影響で、福利厚生施設を手放す事になったのでしょう。

当初は、宅地開発をすると断言したいたそうですが、あの場所はアクセスの道路幅が狭いため、ミニ開発しかできない土地になっています。

伊藤忠グラウンドは、約7ヘクタールもある土地で、開発をするとなると建築基準法上1ヘクタール未満or500戸以下の開発しかできません。

そうなると、7~十数年ほどかけて小規模ごとの宅地開発が行われる事になります。

そうでなくても、そこまで行くための道路は狭いうえに、さらにそこより山手の道が入り組んだ狭い道路整備になる可能性が高くなります。

今でも、救急車等の到着に時間がかかっているのに、さらに山手に入り組んだ宅地開発をされると、さらに問題が大きくなります。

a0084645_1313172.jpg

a0084645_13131552.jpg

a0084645_13132842.jpg


by ifuku_yoshiharu | 2010-11-30 20:08