宝塚市議会議員 伊福よしはる 活動日記


宝塚市議会議員 伊福よしはるの日々の活動をつづります
by ifuku_yoshiharu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
ホームページ
最新の記事
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧


公的病院改革のあり方セミナー in 日本青年館ホテル

a0084645_17373552.jpg
今日は、東日本税理士法人グループ (株)医療シス研 主催の「指定管理者制度の導入 氷見市の事例に学ぶ に参加してきました。

セミナー初めの挨拶で、兵庫県赤穂市民病院 院長 邉見公雄さんが以下のようなことをおっしゃっていました。

医師、看護婦が激減している。
病院に残るのは、バカかロマンチストだ。
病院を好きな人が5人いれば立ち直すことができる。
ちなみに私は、バカでロマンチストだ。


第1部講演は、(社)全国自治体病院協議会 小山田 会長

内容は、自治体病院への挑戦と展望
~会長職8年の検証~

平成18年度 自治体病院の経常損益は1997億円のマイナス。
累積赤字は、1兆8736億円。
岡山市民病院は、全部適用で民間から管理者を入れて立ち直らせた。

自治体病院の問題点は、民間病院と比べると人件費が高い、材料費が高い。

病院の管理者には、人事権や予算権がない場合が多い。

高地医療センターは、PFIを活用したが、
1年後には採算が合わなくなり、1年で管理者がやめてしまった。
公的病院にPFIは合わない。

3つの視点にたって、公立病院改革を推進する。
1.経営の効率化
給与・定員管理の適正化
経費の節減合理化
病床利用率向上などによる収入確保

2.再編・ネットワーク化
基幹病院とサテライト病院・診療所間の機能分担を徹底する
地域医療における医療提供体制の維持・医師確保の環境整備

3.経営形態の見直し
民間的経営手法を導入
指定管理者制度(43病院で導入)
地方独立行政法人化(8病院で移行)
民間への事業譲渡(9病院で実施)

大切なのは首長と病院事業管理者きっちりと話し合いをすることが大切。
ろくに話もしない市町村もある。
きっちりと話をして、この地域でやってもらいたい医療は何なのか?ということをしっかりと議論すべきである。

医師の絶対数の不足。
勤務医の過酷な労働。

研修医を教えるNPOもある。
糖尿病などの講座を市民の前でやらす。
普通の主婦やサラリーマンが、ダメだし。
ここがわかりにくい。こういう風に説明すべきだなどを教え、再度講義をさせる。
地域市民と研修医のコミュニケーションが図られ、よい関係となる。
その関係が今後ずっと続いていく。



■富山県氷見市 氷見市民病院の事例報告
氷見市 堂故 茂 市長が講演されました。

氷見市も宝塚市と同様、平成4年に全部適用にしましたが、経営改善されなかった。
31億円の累積赤字。H7~11、H13~17年国に健全化計画を出していた。

その背景として、氷見市は、
・地理的に悪い
・年功序列の給与体制
・労働組合との事前協議
・市の規模や財政力

市民病院の構成(医師、職員、事務局)
それぞれが、医師→派遣大学、職員→組合、事務局→市役所 を向いて仕事をしている。
これでは、1つの方向へ向かう組織とは到底言えない。

国の制度として、
・医療費削減 △3.16%
・医療制度改革 新医師臨床研修制度、7:1看護

これらが足を引っ張り、なかなか改革できなかった。

そこで、氷見市は、今の市長になってから、
氷見市民病院経営改革委員会を設置し、市民にオープンな議論の場を作った。

その答申として、「公設民営」という委員会からのまとめがでてきた。

公設民営とは、病院の施設(ハード)面は行政が、運営(ソフト)面は民間が行うことです。

氷見市では、市長の決断で公設民営化にふみきりました。


その後、市民からは反対運動が起こったり、組合が反対したり、紆余曲折ありましたが、タウンミーティングを重ね、最終的には議会の議決を得て、成立しました。

その後、指定管理者として金沢医科大学に決まったのですが、大学間の壁があり、他の大学の協力がなかなか得られなかったそうです。

指定管理者に名乗りをあげた、金沢医科大学ですが、公立病院の指定管理者として、医科大学が手をあげることは、全国的に珍しいケースだそうです。


しかし、金沢医科大学が言うには、
・市長がよく通われ、その熱心さが伝わった。
・病院改革委員会が病院の問題点をすべて洗い出しているため、その後の経営がしやすい。
・地域医療の現状を打破したい気持ちが強い。
など、いろいろな要因が金沢医科大学を動かしました。

まだまだ、氷見市民病院の改革は始まったばかりなので、これからが正念場になるでしょう。

最後に市長が言われていたのは、
努力した人が報われない経営体質が、公立病院の衰退の原因である。


■最後に
総務省公立病院改革懇親会 座長 長隆さんの挨拶がありました。

言われていたのは、
民営化することが良いと言うわけではない。

地方公営企業法の一部適用であっても、全部適用であっても建て直しができている所は改革が進んでいる。


鹿児島県立病院は、入院に特化している。
外来は、町医者に任している。

外来を増やさないと儲からないというのは、神話だ。と言われていました。

宝塚市も外来を増さなければ、儲からないという神話を抱いています。

長さんは、他の病院で成功している所を見学し、実際自分の目で見て欲しいと訴えておられました。

私はこれらの話が、宝塚市立病院の改革の一助になると考えています。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-05-26 21:45

平成20年度 6月定例会 本会議が始まりました

a0084645_23364288.jpg
今日から平成20年度6月定例会が始まりました。

会派が大きくなった事につれ、席順も変わりました。

私の場所、分かりますか?

真ん中の段の右から3番目です。

傍聴に来られたときにでも、確認して下さい。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-05-23 23:35

宝塚すみれ墓苑の見学

a0084645_2171357.jpg
今日は、宝塚すみれ墓苑の見学に行ってきました。

まだ、造成中です。

今年の6月26日から募集が開始されます。

全部で650区画。

すべて抽選で行われます。

広さは、2,3,4,6m2。

あと、芝生墓所というのがあり、4m2の芝生があり、真ん中にお骨を入れる穴が空いているだけです。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-05-22 22:16

6月議会を前に地方自治を基礎から学ぶ 2日目

a0084645_2103885.jpg
今日は市町村議会議員研修会の2日目。

議会のあり方、地域医療、地方財政、財政分析の4つの分科にわかれ、勉強会が行われました。

私は、議会のあり方に参加してきました。

講師は、加藤幸雄 元全国市議会議長会調査広報部長です。

以前、法政大学で行われた研修会で議会のあり方の話を1度聞いて、かけ出しの1年生であった私が感銘を受けたのを覚えています。それから加藤さんの書籍を読むようになりました。


■内容
・市町村議会は合議制
市長は一人であり独任体である。議会は住民を代表する多くの議員で構成される合議体である。

議会は、住民の意思を反映して議論、討論を重ね、すべての住民が納得するような民主的な結論を得るシステムである。


ここで私が質問したのは、議員定数について。

昨年度の選挙で30議席から26議席に減少させました。現在さらに26から減らせという声があります。議員定数について先生の意見を求めると。

<加藤さん>
住民からすれば、議員は多ければ多い方がよい。

なぜなら、それだけ住民の声を聞くことができるから。様々な民意を吸い上げることができるから。

現在、議会において少数精鋭などという言葉をよく聞くが、少数精鋭の最たるものが市長ではないですか?

独任体と合議体の意味をよく考えて欲しいとのことでした。人数からすれば宝塚市の場合、30~40人はいるんじゃないですか?というお応え。

議会が、様々な市民の声を市政に反映するためには、議員は多ければ多い方がよい。

議員が自ら議員定数を減らすことは、タコ足論だと言われていました。(自分で自分の足を食うことだと。)


・一般質問
一般質問は、議員が行政をチェックする最たるものです。

その一般質問の持ち時間を少なくするというのも、タコ足論だとおっしゃっていました。

私が質問をしたときに、おっしゃっていたのは、

議案審議を十分に行いたいのなら、一般質問を本会議終了直前にもっていけばよい。

相模原市や小田原市は、最終日直前に一般質問を行っているとのことでした。

宝塚市も慣例にこだわらず、自分たちが市民のためになるような議会運営に変えていけばいいのではないでしょうか?


・議員立法
宝塚市と仙台市が、議員条例が多いまちだというコメントを頂きました。(^-^ )

それだけ、議会が機能してる、ということです。


・政策通の議員
議員は、専門性・特殊性を持ちなさい。


・議会とは
住民の縮小コピーである。
直接民主制の代替物(何かあったら住民の声を聞けばよい)

・予算について
地方自治法では、議会は予算を作成できませんが、予算の大きな区分(款:カン)ぐらいは、議会が予算を定めればいいのではないか、というお話もありました。


■まとめ
これからの地方自治体は、議会が主役である。

地方の独自性を活かすために、右にならえ!ではなく、宝塚市民にとってよりよい市政であるために、議会はどうあるべきか、だと思います。

そのために、議会は、市民のために変わって行かなければなりません。

今後、宝塚市議会も議会基本条例(議会とはどうあるべきかを定めた条例)を制定し、市民のための議会をしっかりと定め、運営していきたいと思っています。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-05-20 22:17

6月議会を前に地方自治を基礎から学ぶ 1日目②

a0084645_24294.jpg
実践報告「三重県伊賀市の議会基本条例づくり奮闘記」 本村幸四郎

まず、各会派から1人ずつだして、議会のあり方検討委員会を立ち上げる。

さまざまな団体を100ピックアップし、83団体と3ヶ月間、議会のあり方について話をしてきた。

その後3ヶ月かけて草案を作り、市民の方にタウンミーティングを通して説明した。

その後、議案として議会で可決され条例化された。


はじめは抵抗も多かったが、議案として通ってしまえば反対議員も良い条例だと評価する方に回った。

反問権を採用することにより、議員がより勉強するようになった。

議会報告会では、市民からでた要望をまとめ、同じような要望が複数あれば、それを取りまとめ議長へ報告するようにしているそうです。


また議員が政策を立案するための、政策討論会では、各会派から1名選出し、テーマを決めてディベートを行っているそうです。各議員通しが言いたいことを言えるように記録はとっていない。


条例制定後の効果としては、
反問権により、議員がより勉強するようになった。また議案の賛否を議会広報で報告することにより、また議会報告会を行うことによって、議員個人の顔が見えてきたという声を多数頂いたそうです。


宝塚市議会も是非、このような方向に持っていきたいです。
市民のみなさん応援宜しくお願い致します。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-05-19 23:14

6月議会を前に地方自治を基礎から学ぶ 1日目①

a0084645_23736.jpg
今日は、「6月議会を前に地方自治を基礎から学ぶ」と題して自治体問題研究所主催の市町村議会議員研修会に参加してきました。


■タイトル
・基調講演「住んでよかったと思える自治体の実現をめざして」 木佐茂男 九州大学大学院法学研究院教授・弁護士

・実践報告「三重県伊賀市の議会基本条例づくり奮闘記」 本村幸四郎 伊賀市議会議員・議会のあり方検討委員会会長


■内容
・基調講演「住んでよかったと思える自治体の実現をめざして」木佐茂男

今後の議員像は、学術的なバックグラウンドが必要である。また学術的な情報収集+整理能力が必要である。

2000年に施行された第1次分権改革が行われて良かったことはありますか?という問いに何も変わっていないとの会場の声が多数でした。この第1次分権改革は、明治維新以来の改革だと言われていま

すが、その制度と仕組みを活用しきれていないのが現状です。
こういう勉強会を通して、真の議会のあり方を勉強していきたいと思っています。


第2期地方分権改革スタート(2007年)
◎地方自治の確立
 ・地方にできることは地方が担う
 ・自己決定、自己責任
 ・地方の自立(自律)
 ・国と地方の2行政の解消
◎地方交付税の充実強化


協働という言葉だけで、市民を使っているのはおかしい。

条例などは、原案作成者の名前や連絡先を記名しておく。


ニセコ町は、書類整理を徹底している。
例えば、各部署において30秒以内に必要書類を取り出せるようにしている。また抜き打ちで試験まで徹底して行っているそうです。また同じ書類を2つ以上保管しないなど、書類管理について徹底したルールを定めています。やはり、それぐらいは必要ですよね。書類管理の書籍を書いた人:広田伝二郎



なぜ、スイスの市町村は小さいか?
1.国と地域を通じた公共部門と民間部門の人事の流動化
2.合理的な広域行政体制とそれを支える責任ある人事システム
3.自治意識を実感させる自主財源の確立

この3要素が民主主義の基礎単位としての小規模市町村を残させている。スイスでは、この20~30年の間に国家高級官僚制がほぼ消滅した。日本へのヒントはここにあるのではないでしょうか?

特に、民間並の複式簿記による会計制度の導入で、民間・公共のマネージメントが共通化し、人材の自由自在な移動が進んでいます。

私も行政は、今後自治体を経営していくにあたり、発生主義・複式簿記の導入を推し進めるべきだと述べてきました。現在の単年度、現金主義では、複数年度に渡り1つの事業がいくら予算を使ってきたかなどの時系列の情報がまったく把握することができません。この点を指摘し、複式簿記の導入を求めています。


また、いわゆる分権改革一括法で生まれた「新地方自治法」が、地方の合併をいっそう強いる制度構想になっている。

2002年では、市町村の平均人口は、
スイス 約 2,500人(2880自治体)
日 本 約38,000人(3200自治体)

と先程のスイスの例をみると、日本の地方自治の最小単位である市町村の人口が日本を多いのです。

分かりやすく言えば、1つの地方行政に対して、たくさんの人口ではなく、少ない人口であれば、1人1人が享受できる利益は多いことになります。たくさんいれば、なかなか自分の順番まで回ってこないのと同じです。

日本の行政は、自分たちの市町村ですべてのことを賄おうとしています。宝塚市も1つの自治体ですべてを完結しようとしています。だから、たくさんの税金が必要になってくるのです。スイスのように大きな事業に対しては、広域連合という形で民間との連携が大切ではないかと思います。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-05-19 22:58

コミュニティー光明 定期総会

a0084645_12524124.jpg
今日は、光明地域まちづくり協議会の定期総会に参加してきました。

総勢50名程度の方が参加されていました。

光明地域は、福祉部の方が活発に活動されていて表彰されたぐらいです。

また福祉部の高梨部長は、全国の講演で話をしに行くぐらいの活動ぶりです。

特に、この地域はお年寄りの方が非常に多いので、地域でのこういう活動が本当に活かされていると感じました。

これからの地方分権時代は、このような市民力、地域力がまちづくりに大きな影響を与えてくるでしょう。


市民が主役のまちづくり!私は応援しています。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-05-18 22:46

視察 in江別市

a0084645_1059463.jpg
今日は視察の3日目。江別市へ行きました。

私が見学したかったのは、民間の建物を利用したSOHO向けのオフィス村です。

その名も、「江別市アンビシャスプラザ」。




a0084645_1115666.jpg


a0084645_113103.jpg


a0084645_1141359.jpg

[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-05-16 17:08

会派視察 in栗山町議会

a0084645_105605.jpg
今日は、会派視察の2日目。

議会基本条例を全国で初めて制定した地方議会です。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-05-15 21:54

会派視察 in函館市議会

a0084645_10504927.jpg
今日から3日間会派で視察に行きます。

1日目は、函館市議会です。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-05-14 20:50