宝塚市議会議員 伊福よしはる 活動日記


宝塚市議会議員 伊福よしはるの日々の活動をつづります
by ifuku_yoshiharu
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
検索
ホームページ
最新の記事
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧


地方議員のための政策立案と条例制定

a0084645_13306100.jpg
今日は、(社)日本経営協会主催のセミナーに参加してきました。

セミナー会場は、大阪市の科学技術センターです。

講師は、弁護士・京都大学講師/元衆議院法制局 岩本安昭氏です。


◆今の地方議会では、予算の組替えなどが必要な条例提案はスタッフが少ないのでできない。

だから、予算に関係ないものに限定される。

例えば、
・議会基本条例、自治基本条例
・地域振興、産業振興、地産地消
・環境、産業廃棄物対策

また、議会で条例をつくることにより、その事項について議会でのコンセンサスが得られる。


◆基本条例などは、プログラム条例である。政策プログラムであるため、内容が抽象的である。

反対に、規制条例は、警察や裁判所に裁いてもらうため、従来どおりの難しい文章体系がひつようである。

福祉については、必ず予算がついてくるので、議員が提案しにくい。



◆産業振興などは、工夫次第でできるものがある。

例えば、りんごまるかじり条例。

りんごの生産時における安全性の確保と生産者情報の管理を推進するものである。

まちぐるみで、りんごの安全性を公的に発信するものである。



◆今後5年先には、さらに地方分権が進んでいる。そのときには、独自で条例が制定できるような体制が必要である。

はっきり言って、今の議員のレベルでは、
それほど報酬をもらっていない。時間もない。能力もそこまでない。
できるはずがない。

議会が、顧問弁護士と契約というようなことも今後はしなければならない。

現在、議会と大学が提携しているところがある。

宝塚市も関学と提携できないだろうか?



◆現在の動向

・法律に委任がなくても法律に基づく事務について条例が制定されている。

例-横須賀市:都市計画法の許可の手続きに関する条例

・法定外目的税に関する条例が多く制定されるようになった。

例-川口湖町遊漁料条例、三重県産業廃棄物条例

・都道府県から委譲された権限の条例化

例-自治法252条の17の2 条例による事務処理の特例

・都道府県は、都道府県知事の権限に属する事務の一部を条例の定めるところにより市町村がこれを処理するものとする。


◆法律と条例の関係

・憲法94条 法律の範囲内で条令を制定することができる。

・普通公共団体は、法令に違反しない限りにおいて第2条第2項の事務に関し、条例を制定することができる。

・条例が国の法律に違反するかどうかは、両者の対象事項と規定文言を対比するのみではなく、それぞれの趣旨、目的、内容及び効果を比較し、両者の間に矛盾抵触があるかどうかによってこれを決しなければならない。


◆条例の実効性担保の手段

・条例による罰則

2年以下の懲役又は禁錮
100万円以下の罰金
拘留、科料若しくは没収
5万円以下の過料

◆条例の書き方
実効性を有するものであること。

実効性とは、目的と効果があるような条例体系を考えないといけない。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-08-28 21:29

フランスの第2次地方分権改革(中間総括)

a0084645_10264882.jpg
今日は、笹川日仏財団主催の講演会に参加しました。

講演者は、パリ第一大学のジェラール・マルクー・ポンティエ教授です。

講演会は、逐次通訳で行われました。


フランスの地方議会は、日本と違って、議院内閣制をとっています。

そのため、日本の国政と同じで、議員の中から首長が選ばれます。


フランスは、日本と同じように中央集権が強い国です。

しかし、2003年に地方分権の流れにより憲法が改正されました。

その結果、地方に権限が下ろされてきました。そしてこの権限をどう活用していくか?ということが問題になっています。


日本の場合は、改革派の首長が改革を推し進めています。

今後地方分権時代にそれだけでよいのでしょうか?
首長が改革を推し進めるだけでよいのでしょうか?

つまり、地方議会は今のままでよいのか?ということです。


■■ポンティエ教授よる今回の講演内容■■

1.首長と議員の権利について

2.地方議会の機能と民主主義の関係


■1.首長と議員の権利について

まず、フランスでは、昔から議員は無報酬でやることが基本でした。

今でもそういう精神は受け継いでいますが、実際に地方分権時代になり、議員活動に対して多くの時間が必要になってきました。

そのため、今までどおりの無報酬では、議員のなり手がなくなってきたのです。

現在では、その補填として、報酬を支払うようになっています。

またフランスでは、社会保障が充実しており、議員に立候補したとしても、今まで働いていた地位をうしなうことがないようにしています。

つまり、会社を辞めずに、議員になれる。また議員をやめた場合、会社内の地位は以前と同じようにすることを義務付けしています。

また、議員活動をしている間は、会社からは給料は支払われませんが、その分、実際会社で働いていたらもらえるだろうという金額の何%は、支払われるという仕組みです。

しかし、
制度としては、すばらしいものですが、
実態は、民間企業人から議員になる人は少ないそうです。

なぜなら、民間企業のスピードは早いため、数年間実務から離れるとその時間を取り戻すことは容易ではないからです。

また、自営業の場合、議員になった数年間の間に顧客が半数以下に減ってしまうそうです。

そのため、自営業や民間から議員になる人はほとんどいなく、実際は年金受給者が多いそうです。

また、そのため年寄りが多く若手議員はほとんどいないそうです。

唯一、若手でいるのは、もともと公務員が多いそうです。

公務員の場合、民間と違い、確実に元のポストに戻れるようなシステムができているからです。

つまり、公務員の場合はそういう仕組みがつくり易い環境があるからなのです。

民間では到底だめですよね!

フランスでは、多用な方が議員になれるような方策をとっていますが、現在うまくいっていないそうです。


■2.地方議会の機能と民主主義の関係

住民の参加として、住民投票が充実している。

住民投票には、2パターンある。

1.諮問的な住民投票

2.決定型の住民投票


◆1.諮問的な住民投票

例えば、ある町の橋が崩壊した。

再建するのだが、今度作る橋はどういう橋がよいのか?という問題に対して、

3つの提案(近代的、今までと同じ、レトロな感じ)を行い、そのどれかを選んでもらうといものです。

結果は、今までと同じような橋ということで決着がついたそうです。


次に
◆2.決定型の住民投票

これは、有権者の1/5ないし1/10のリコールで、決定型の住民投票が開かれます。
この場合は、議会が議決した結果より、住民投票の決定を優先させるのです。



また、
フランスでは、公選職の兼職が一切禁止になっていません。

そのため、国政議員と市町村議員を兼職している議員がいるそうです。

昔は、地方議会はそれほど、時間的に拘束されることはなかったので、こういう兼職でもこなせていたそうです。

この兼職の問題点は、
兼職している議員は、国政の方に力をいれて活動しているかと思いきや、市町村の活動に重点をおいているそうです。

何をしているかというと、地元の飲み屋に出かけていって、市民と話しをしたり、地元の活動に一生懸命に活動しているそうです。

つまり、そういう活動をしておかないと、選挙に当選しないからです。

これは、フランスも日本も同じなんですね。(笑)

ほかの議員の方が質問していましたが、日本の選挙も国際レベルに達しているんだなと¨


■まとめ

フランスの地方議会では、一般人が議員になり、任期が終われば、また元の仕事に就けるような仕組みを作っている。

しかし、実際には、うまく機能していない。

地方分権時代、地方議会の充実が必死だが、年金受給者や公務員が議員の多数を占め、議会の合議制的な見地から考えれば、多様な年代・職種の人が議員になれるような制度を再構築しなければならない。

しかし、ポンティエ教授いわく、そんな制度はできないだろうと。

国政レベルでは、どの職業と比較しても十分な報酬がある。だから、なり手はたくさんいる。

議員報酬が少ないと圧力団体の誘惑に負けることになる。


P.S.
千葉新聞の記者が質問をしていました。

Q.「住民投票が充実していますが、予算がたくさんかかりませんか?」

A.「フランス人は、予算よりも自分たちの民主主義を主張するんですよ!」

やはり、お国柄ですね。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-08-26 20:26

夏まつり 福井亀井自治会

a0084645_3555445.jpg
今日は、福井亀井自治会主催の夏祭りに参加してきました。

あいにく、昨日が雨だったので、今日に順延になりました。


16時から子供みこしが出発しました。

約1時間町内会を練り歩きました。

掲載している写真は、ちょうど帰ってきた所を撮ったものです。

写真にも写ってるように、福井亀井自治会には、立派なやぐらがあるため盆踊りをしていても、
気持ちよく踊ることができます。

私が小さいときとほとんど変わらない夏祭り。

子供たちにも、良い思い出の1ページにしてほしいです。

そして、今の子供たちが大人になったとき、今度は地域の子供たちのために、
楽しい夏祭りを開催してほしいですね。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-08-24 21:06

宝塚サマーフェスタ2008

a0084645_3542346.jpg
今日は、市役所の横にある末広中央公園で宝塚サマーフェスタが開催されました。

本当は、昨日行われていたのですが、雨で今日に順延になりました。

しかし、昨日の順延にも関わらず、たくさんの入場者が訪れていました。

宝塚サマーフェスタは、競馬場で行われていた宝塚まつりの替わりに行われた祭りです。

今回で第3回ですが、毎年参加者が多くなり、宝塚まつりに替わる祭りとして定着してきたみたいです。

宝塚サマーフェスタのすごいところ(コンセプト)は、

すべて市民の手作りで行っている所です。

舞台で踊っている団体は、すべて宝塚市内の団体ですし、

夜店を出している店舗もすべて宝塚市内の事業所なのです。

今後とも宝塚サマーフェスタを市民の祭りに育てあげましょう!
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-08-24 19:53

宝塚すみれ墓苑 セレモニー

a0084645_1022233.jpg


a0084645_10234936.jpg

[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-08-24 19:19

第4回 市町村議会議員研修会 2日目

a0084645_845987.jpg
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-08-22 20:51

第4回 市町村議会議員研修会 1日目

a0084645_654412.jpg
今日は、神戸国際展示場で行われた第4回市町村議会議員研修会に参加してきました。

今回の研修会の狙いは、「決算議会を前に地方自治を基礎から学ぶ」という点です。


研修会の概要は、

■1日目

・基調講演
「地方分権が求める地方議会・議員像とは何か」
山梨学院大学法学部 江藤俊昭 教授
(甲府市事務事業外部評価委員会会長、第29次地方制度調査会委員)

・実践報告
「めざすのは、環境と経済の両立から福祉へつなげるまちづくり」
滋賀県野洲市まちづくり政策室主席主幹 遠藤由隆氏


■2日目

・選科3
「基礎から学ぶ、地域産業政策」
慶応義塾大学 植田浩史 教授



■研修会の内容

1.「地方分権が求める地方議会・議員像とは何か」

いつもお世話になっている江藤先生の講演です。

江藤先生には、昨年に行われた駅前議会にもお越し頂き、市民のみなさんと地方議会のあり方について勉強させて頂きました。


・民主主義にとって議会とは何なのか?







・実践報告
「めざすのは、環境と経済の両立から福祉へつなげるまちづくり」
滋賀県野洲市まちづくり政策室主席主幹 遠藤由隆氏
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-08-21 22:45

江藤先生を囲んで

a0084645_2424079.jpg
明日から研修会があり、その講師である江藤先生と懇親会を開きました。

いつも議会のあり方について、教えて頂いている先生から、

議会とは、について再度教えて頂きました。


しきりに言われていたのが、議員一人の意見よりも、議会としての意見が大切である。ということ。


議会は、合議体であり、議員どおしで議論し合って、得た結果が議会の総意である。




… しかし、なかなか議会はまとまれないんです … (T_T)
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-08-20 21:42

第4回小林盆踊り大会

a0084645_11202924.jpg
今日は、荒地西山線予定地で行われた小林地域の盆踊り大会に参加してきました。

お昼過ぎに突然の雨にみまわれ、今日は中止かな?と思っていたのですが、夕方になってみると雨が降っていたのがウソのような天気になりました。


いつもながら、小林地域は昔からこの地域に住んでいる方がたくさんおられるので、地域の活動が活発に行われています。

夜店についても、たくさんの種類があり、いつも関心しています。

ちなみに他の地域の方も偵察に来るぐらいです。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-08-16 23:19

第2回 市議会議員特別セミナー 2日目

a0084645_23324487.jpg
◎「これからの人材育成のあり方」
国際日本文化研究センター所長 猪木武徳氏

・長期的視野にたった伝統的な人材育成の重要性の再評価

遅い昇進(選抜)と年功的処遇、定着度の高さ、OJTを中心とした人材育成。
ある分野の職種、技能には不可欠な方式であり、日本の生産性の高さの原因である。
この従来方式に対する批判はあるが、本当によいところまで捨ててしまわないことが必要である。

・日本の「低学歴」問題と専門性軽視の風潮

海外では、学校で学んだ専門性を活かした仕事に就いている場合が多い。

しかし、日本では軽視されている。


・正解のない問題を論ずる力、非定型な事態への対応力の養成

正解が複数ある問題に対して、どう対応していくのか?



◎「地域主権型道州制」
PHP総合研究所代表取締役社長 江口克彦氏
a0084645_23342864.jpg
私が一番聞きたかった講演です。

この講演のポイントは、

1.中央集権をぶっ潰す

2.つまり、官僚の言いなりからの脱却

です。

道州制の議論はずいぶん前から行われていましたが、現在の世論調査では、44%の人が道州制に賛成ORどちらかというと賛成の立場だそうです。

江口さんが言われるのは、

今生きている私たちは何をしなければならないか?
それは、私たちの子供やまたその子供にこの日本をどうやってバトンタッチしていくかであると。
子供たちが元気に、希望をもって生きていけるような日本をつくり、後世につなげていかねばならないということ。

まったく私も同感です。

私が議員として立候補したのも、次の世代に今のツケを回さないためです。

子供たちが勇気と希望をもって生きていける日本を作るためです。


◆東京は栄えて、地方は衰退するばかり!

・人口の集中。国民の10%が東京都に、27%が首都圏に(東京、千葉、埼玉、神奈川)

・大企業の集中。上場企業の47%、売上高トップ100%社中71社がある。

・マスコミの集中。民放、全国紙。

・所得が伸びたのは東京だけ。
1人あたりの総所得
東京:606万円
関西:385万円
これだけの差が開いています。

その原因は、中央集権です。


◆中央集権体制とは?

・国民を監視する仕組み。

・ヒト・モノ・カネと情報を首都一ヶ所に集める国のかたち

・つまり官僚制につながる。霞ヶ関が地方を支配する「国のかたち」である。

こんなことをやっているのは、日本と北朝鮮だけ?なんてことも。

また、中国人には、日本の方が社会主義国家だなんていわれたこともあるそうな。

・全国一律なんてありえない。しかし、国は一律にしたがっている。大問題。

・中央集権体制が国を滅ぼす!

・中央集権体制が諸悪の根源!


◆官僚あって国民なし!

・霞ヶ関官僚が官尊民卑意識をもち、地方、国民を馬鹿にし、軽視している。

・霞対してヶ関官僚が、地方に補助金などを減らすぞ!的な脅迫を行い、自分たちのやりたいようになっている。地域の特性にあっていない。

・今の公務員は2流ばかり。東大の1流は、海外や外資、独立している。今集まっている公務員は2流ばかり。そんなのがえらそうにしている。許せない。

・地方を知らない官僚たち
東京基準、霞ヶ関基準、自分勝手な判断で、自分たちの都合のいいように、全国一律の法律、条例、通達をつくる!

・私が、前に公立病院改革ガイドラインの内容を書きました。
そのときに厚生省の役人が来ていましたが、やはりそんな態度でした。全く地域の意見は取り入れない。上からの押し付けのように感じたのが、この講演でよく分かりました。


・官僚がこの国を動かすんだ。政治家なんて、俺たちがいないと何もできない。

・中央集権では、町おこしはできない。

・自民党の敵は?民主党の敵は? それは、官僚である。だから、中央集権のままなら、民主党が政権をとっても変わらない!


◆地域主導型道州制とは

・地域(道州・基礎自治体)が主体となって、地域の特性を取り入れ、地域中心の、地域に密着した、地域民が納得する、無駄のない行政を行う「新しい国のかたち」をいう。

・各道州は、自主課税権、税率決定権、徴税権を掌握し、税財源を独自に確保する。また、道州はそれぞれ自主立法権も確保する。

・霞ヶ関官僚基準を打破し、地域が主体に、地域民のための行政を行う。

・中央集権を打破し、権限を分散する分権国家をいう。

・国は皇室、外交、安全保障、通貨など16項目のみを担当する。


◆日本全国どの地域も元気にするために
1.成長、安心、安全、そして活力ある楽しい日本
2.各道州が道州外、海外との直接貿易・観光誘致
3.イノベーション(環境、新素材、エネルギー、ロボット、IT、バイオ技術)と税対策によって、産業の日本回帰を外資の参入。GDP500兆円→800兆円。
4.ロボット技術の進歩と人口減少の絶好のタイミング。
5.美しい国、道義道徳の再興、安心安全社会の回復。
6.自由な発想、自由な行動、自由な成果。
7.個人が人間的才能を十二分に発揮できる社会。
8.楽しい生活、生きがいのある生活。
9.国際社会を舞台に活躍、貢献する日本国民。
いまこそ国民総自主気概の心をもって!


結局、言ってる内容が同じでも誰が言うかによって、また誰がやるかによって、結果は大きく変わってくる。

江口氏のような方が本当に政治のトップに立ってもらいたいものです。

伊福も頑張ります!!!
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-08-08 23:31