宝塚市議会議員 伊福よしはる 活動日記


宝塚市議会議員 伊福よしはるの日々の活動をつづります
by ifuku_yoshiharu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
ホームページ
最新の記事
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧


産業建設常任委員会 法定外公共物について

a0084645_1455612.jpg
今日、本会議終了後、産業建設常任委員会が開会されました。

内容は、法定外公共物指定に関する取り消しの訴えです。

法定外公共物(ほうていがいこうきょうぶつ)とは、
法令で縛られていない公共物および国有地をさした。具体的には、普通河川や里道(赤道)、海岸線付近の土地をいう。

明治時代に、地租を課さない国有地として分類された。こうした土地の管理は大蔵省(現財務省)が担ってきたが、箇所数、面積など極めて膨大であり、地域の実態に任されてきたのが実情である。

このため管理上、問題になる例も見られたことから、2005年4月1日までに全ての法定外公共物が地元自治体(市町村)に無償譲渡された。(wikipedia引用)


土地に関する問題は様々あり、結論はいつも難しいです…
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-11-20 23:45

平成20年度12月定例市議会が始まりました!

a0084645_115743.jpg
今日から12月議会が始まりました。

初日は、10月に審議していた平成19年度の決算を認定する議案がありました。

私は、決算委員会のときに、決算の数字の根拠を確認するため、1つ1つの事業について、

「この事業の目標は何なのか?」

「この事業の課題は何なのか?」

「この事業を達成するためにある、この数字の根拠は?」

など、しらみつぶしに事業を片っ端から質問しました。


そのおかげで、ようやく平成21年度の予算の組み立ては、

各事業を成果に基づいて行うこと。という市長からの通達が出されました。


やっと、私が1年間言い続けてきた事をやって理解してくれたように思います。

これからの自治体運営は、予算重視ではいけません。

成果重視なのです。

そのためにも、決算のときに、この事業はどういう成果を出したのか?

また、評価をして、まだ足りない課題は何なのか?

ということを明らかにする必要があります。


p.s.
写真は、先の決算特別委員会で、指摘した点

「市役所が行っている事業の成果をきっちりと評価するシステムの再構築を行うこと。」

を討論している場面です。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-11-20 21:14

平成20年度  第2回議会研修会

a0084645_13551160.jpg
今日は、本会議場で議会研修会が行われました。

内容は、
「地方制度調査会の議論と議会改革」です。

講師は、いつもセミナーなどでお世話になっている
山梨学院大学法学部 政治行政学科
江藤 俊昭 教授 です。

江藤先生は、政府の第29次地方制度調査会の委員をなさっている方です。

以前に駅前議会でも講師として参加していただきました。


a0084645_1522887.jpg


◆研修会の内容は、

・市民資料室の充実

宝塚市は、早くから「まちづくり基本条例」など、まちづくりの基本条例を作っている。
そんな市の基盤となる資料は、誰もが分かる場所に置き、持ち帰りできるようにする必要がある。

・今から5年前は考えられなかったが、
10年後には、自分たちの自治に関して、自分たちで決められるような時代になるだろう。

・第29次地方制度調査会では、
もっと地方の自由度を高めるためには、地域地域に合わせて施策を行えるようにするためにはどうすればよいか? という議論をしている。


・民主主義とは、何か?
自治とは何なのか?

それは、議会の問題ではない。ある意味住民の問題である。
民主主義は、任せてはいけない。議会の問題も住民の問題である。
それが、民主主義である。


◆議会をめぐる状況

・地方分権は議会が先導役でなければならない。

・地域の問題を多方面から政治的争点とするのは、合議体である地方議会である。

今までは執行機関が政策をつくり、執行していたのでは自作自演である。

・今まで議会が軽視されていたのは、中央集権制度に適合だった。
(都道府県や市町村は、国(中央省庁)の出先機関になっていた。)


◆市民参加や協働、住民投票の高まり、行政改革と議会について。

<意見>
・行政側に市民が参加することにより、議会が蚊帳の外へ。

・事務事業評価の外部委員会設置により、議会より評価委員会の意見が重視される。


<それに対して、議会は>
市民の声を聞く機会をつくろう。(議会が審議会を持てばよい)

事務事業の評価を議会が行う。(多摩市は行っている)

・決算委員会において、個別の事業の善し悪しを議会が評価する。


<第28次地方制度調査会の答申より>
・評価していること-委員会制度、専門的知見の活用(議案を委員会で提出する。議会に審議会を置く。昭和町では、山梨学院大学の江藤教授に対して、研修・コンサルの契約をしている)

・まだまだ-常任委員会でレポートを作成する。必要であれば、条例を制定する。


その後、市民や議員からの質問がありました。

Q1.議会のあり方について
地方議会において議員内閣制はどうか?また2元代表制などと選択制はできるか?

A1.憲法改正が必要である。
93条で、議員、首長を住民が直接選挙する、となっている。


Q2.行政側が行う審議会に議員が入ることについて。

A2.入っても良いだろうというのが結論。
但し、メリットとデメリットもある。

・メリットとして、審議会の内容を議会へ持ってかえり議論するなら意味がある。また、公の場で審議会の内容を話するならメリットがある。

・デメリットとして、審議会の中に議員が入っていると一応審議会の中で議論は終わっているので、議会内で議論できなくなる。

・議会として審議会をつくればいい。
議会が審議会のメンバーと意見交換会を行えばよい。


Q3.会派について

A3.昔から町村は良く議論していた。

・議会としては、
会派を含めて様々な議論を行い、意見をまとめ、議会としてまとまらないと意味がない。

・行政側からみれば、会派に分かれていた方が、個別に調整するより、やりとりが楽になっている。

・多摩市は、会派で事務事業を評価し、広報に掲載している。


Q4.これからの議会のポイントは?

A4.住民参加、住民と歩む議会とは!を考える

・情報の公開

・賛否を公表する

・執行機関と対立できるかどうか?
(切磋琢磨する) → 一般質問でいい放しではいけない。追跡質問をする。(これはどうなっているんだ~と!)


Q5.議員報酬について?

A5.まず、議会がパワーアップしなければならない。
そのためには、報酬や定数も含めて、どうすることが議会のパワーアップにつながるかをしっかりと議論しなければならない。

また、調査費、議会事務局機能がしっかりしているなら、報酬は下げても良いだろう。

議会を強化するとは、

公開で議論すること。

住民に明らかにすること。

それにより、執行機関の政策能力も向上する。


全くその通りです。
私も江藤先生の考えを基に、議会改革を行い、市民に分かりやすい自治体を目指していきます。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-11-18 21:53

宝塚だんじり連合保存会設立式典

a0084645_0542880.jpg
今日は、夕方から宝塚だんじり連合保存会設立式典に参加してきました。

宝塚市内にあるだんじり保存会が一同に集まり、連合保存会を設立しました。

目的は1つ。

将来、宝塚市内にあるだんじりを集めて、宝塚市内を練り歩くことです。


式典中は、それぞれの地域の保存会の方が、各々の太鼓の音を式場内に響きわたらせていました。

いつか必ず、目的が達成できるよう私も尽力していきたいと思います。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-11-16 22:53

ふれあいまつり コミュニティフェスティバル in末成小学校

a0084645_0482653.jpg
今日の午前中、末成小学校で開催されたふれあいまつり コミュニティフェスティバルに参加してきました。

今日はあいにくの雨だったので、運動場での催しがすべて屋内へ移動になりました。

しかし、みなさんの活気がすごく、地域活動での盛り上がりを感じました。

すえなりコミュニティーは、もともと地域の子どもたちは地域で守るという思いをもって活動されているので、このような小学校でも催しは非常に活発に行われています。

今日はそんな地域の元気を分けて頂きました。

a0084645_14175179.jpg

a0084645_1418921.jpg

[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-11-16 18:46

行財政改革調査特別委員会 第2回

a0084645_0315523.jpg
今日は、今年度第2回目の委員会がありました。

内容は、今年度及び3カ年にかけての財政見通しについてです。

景気低迷の中、リーマンブラザースの破綻などによる世界的な金融危機により、宝塚市も市税など入ってくるお金が大きくマイナスになる見込みです。

これらの影響を見込んだ財政の見通しとして、入ってくるお金の不足額が、

平成20年度 12.4億円
平成21年度 17.3億円
平成22年度 11.3億円

3カ年の合計 41億円の不足が生じる見込みです。

さらに今後、小学校の耐震化など公共施設の保全、市立病院の建て直しなど、上記以外に必要な経費が重なってきます。


宝塚市としては、平成20~22年の3カ年を「財政健全化に向けての緊急対策期間として、取り組んでいく方針です。

対策としては、

◆更なる収入の確保
・税など未納分を支払ってもうらう対策の強化
・市が持っている土地などの財産を処分
・広告事業収入の確保

◆更なる支出の削減
・人件費削減
・入札で余ったお金を確保
・執行目的を達成した予算の執行停止
・委託料、工事請負費の抑制
・備品購入費の執行停止
・社会福祉費などの適正な予算執行

◆事業の見直し

等です。

今後3カ年は、

・公的施設の見直し
・アウトソーシングの推進
・選択と集中による事業の見直し など

さらなる削減を行います。



昨今の景気が悪い中、世界的な金融危機が宝塚市にも暗い影を落としています。

今後、数年は投資的な事業は抑制し、堪え忍ぶ時期にさしかかっています。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-11-14 22:25

宝塚市立病院に関する特別委員会 第1回

a0084645_111362.jpg
今日は、宝塚市立病院に関する特別委員会が開催されました。

全国の7~8割の自治体病院が赤字経営の中で、宝塚市の市立病院も同様の状態です。

昨年度は、現金が不足し、上下水道から資金を借り入れていた状態です。

今年も資金ショートのおそれがあり、現在回復に向けて取組中です。


この委員会は、市立病院の建て直しをはかるために、議会として、どのように支援していくかを検討する委員会です。

現在、市立病院は建て直しに向けて、改革のためのスケジュールを立てて経営を行っています。

他市では、公立の病院がつぶれていく中で、どうやって宝塚市立病院は、地域の医療を支える病院として存続できるのか、その方向性を探っています。

本委員会では、議会として市立病院の支援策を提案できる形にしたいと思っています。

今後随時、報告していきます。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-11-13 22:08

平成20年度研修会 宝塚市役所すみれ会・宝塚市共催

a0084645_16141453.jpg
今日は、昼から宝塚市役所すみれ会・宝塚市共催の研修会に参加しました。

講師は、ITを活用し佐賀市の改革を押し進めてきた 木下敏之 前佐賀市長です。

私は、木下氏が書かれた書籍

・日本を二流IT国家にしないための十四カ条

を以前から読んでいたため大変興味をもって今日の研修に参加しました。

ちなみに2冊目も書籍

・なぜ、改革は必ず失敗するのか も現在読書中です。


◆今日の研修では、

マネする企業、マネしない公務員 人口減少時代の行政経営のあり方とは?

という題で行われました。


人口減少という観点からは、

宝塚市の総人口は、だいたい2020年をピーク(23万数千人)に2050年には、21万人になっているだとうという予測です。

その間労働人口は、現在約15万人から2050年には、11万人と約0.73倍に減少します。

また、65歳以上が、現在約4万5千人から2050年には、7万5千人と約1.67倍になります。

これは何を表しているかというと、

単純に、労働人口が0.73倍、すなわち27%減少するということは、税金をたくさん納めている年齢層による市への収入が減少するということなのです。

また、65歳以上が1.67倍増えるということは、それに関わる市からの支出も増加するということなのです。


そのため、単純に人口減少だけをとらまえても、このまま何もしなければ、今後将来に渡って、市の収入は自然に減少し、福祉・医療にかかる出費が増加するのです。(増税すれば別ですが…)

今後は、こういう観点で行政経営を行っていかねばなりません。


また、公務員がなぜ、改革を望まないのかも言われていました。

・理由は簡単!役人は企業の業績に関係なく給料がもらえるからです。
→不況だとしも、役人の給料がでないことはない。夕張市役所も退職金は2000万円以上。

・時間=コストという意識がない。
→市役所へ申請してから何ヶ月もかかるようでは、その間ビジネスは止まります。その間の金利負担や、人材の手当、逸失利益など、大きな負担ですが役人は無頓着。役人は、こんな企業の損失にはあまり現実感がない。


また、役人は学ぶ意欲が不足していると指摘されていました。

・佐賀市長時代、市職員を霞ヶ関や大手企業に派遣するための選抜試験を行い、たくさんの応募者が集まると予想していた。
しかし、結果は応募者がほとんどなく、部や課で推薦してもらって派遣したそうです。
それほど、日頃から勉強したり、向上する意志がないのでしょう。

また、民間企業では当たり前の、マーケティング手法や漏れ分析(ミーシー)、ランチェスター戦略など全く知らない職員がほとんどだったのにも、びっくりしました。


この研修を通じて、今まで私が民間企業の手法を一般質問などで提案してきたのですが、それが「のれんに腕押し」だった理由が理解できました。

職員側は、民間企業の発想自体全く分かっていないのでした。

まずは、民間企業が行うような職員研修を行って、普通に経営手法について話ができる知識を職員にもってもらわなければならないですね。


木下氏が言われてた、

・官民交流が必要です。民間の知識をもった経験者を少人数でも良いから中途採用し、企業側の手の内を官に取り入れる必要があります。

・また、官から民へ1年以上の派遣をする。(大手から中小企業まで幅広く)

・NPOへの派遣。


これを行えば、ある程度民間企業の感覚を理解できるのではないでしょうか?

私も木下氏の意見に大賛成です。

役人は嫌がるでしょうけどね…。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-11-11 16:49

ひびきあう音楽会 in末成小学校

a0084645_0234911.jpg今日は末成小学校で行われた音楽会に参加してきました。


◆1年生
合唱 かたづけチャオ
合奏 崖の上のポニョ
a0084645_0251977.jpg

1年生で木琴や鉄琴が演奏できるなんてすごい!

◆2年生
合唱 ぐんぐんぐん、虫歯のタンゴ
合奏 ムシキングサンバ
a0084645_0263369.jpg


◆3年生
合唱 そんなSLあったらいいな
リコーダー奏 空をとべたら
合奏 ロックンローラー
a0084645_0313374.jpg


◆4年生
合唱 ぼくのもらった時計
リコーダー奏 大きな古時計
合奏 シンコペイテッド クロック
a0084645_0305550.jpg


◆5年生
リコーダー奏 春うらら
合唱 青い竜
合奏 風林火山
a0084645_0294146.jpg


◆6年生
合唱 未来への賛歌
合奏 新世界 第4楽章
a0084645_0301389.jpg

6年生の合奏は圧巻でした。さすが上級生!
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-11-08 21:14

西公民館まつり

a0084645_2225596.jpg
今日は、西公民館まつりを見学に行ってきました。

西公民館まつりは、日頃公民館を利用しているグループの作品展示や実技などの成果を発表するイベントです。

いつも関心させられるパソコン教室では、写真を加工して時計の台紙につかったり、ちょっとした紙袋などを彩ったりと、すばらしい作品を作っておられます。

毎回見学させてもらうのですが、商品としても売れるのではないかと思うぐらいの作品が展示されていました。


ホールでは、輪乃会による新舞踊が披露されていました。

客席は満杯で私は後ろで立ち見で見学していました。

今回の西公民館まつりも大盛況でした!
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-11-04 22:25