宝塚市議会議員 伊福よしはる 活動日記


宝塚市議会議員 伊福よしはるの日々の活動をつづります
by ifuku_yoshiharu
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
検索
ホームページ
最新の記事
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧


図書館の活用

a0084645_17183395.jpg
私はよく図書館を活用するのですが、なかなか読みたい本を置いていない事に困っています。

そんな内容を議会事務局の職員と話をしていたとき、図書館法について教えてもらいました。

◆図書館法 第3条の4
「他の図書館、国立国会図書館、地方公共団体の議会に附置する図書館及び学校に附属する図書館又は図書室と緊密に連携し、協力し、図書館資料の相互貸借を行うこと。」

…とあるんですね。

なので、宝塚市立図書館でこんな本がないですか?

と問いかければ、必ず他の図書館にあるか調べてくれて、取り寄せてくれるんですね。

私はよく、兵庫県図書館横断検索を活用しています。

興味のある方は、ご活用下さい!
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-12-27 22:09

もちつき大会 in光明会館

a0084645_12585175.jpg
今日は午前中、光明会館で行われたもちつき大会に参加していました。

前日まで会館の補修のために、立てられていた撤去され、いつも通りの場所でもちつきが行われました。

昨年は、突き手が少なく、最後まで突いていたのですが、今年はたくさんの突き手が参加されたので、ちょっとモノ足りなかったかな?

しかし、お餅の味はいつも通り最高でした。

やっぱりつきたてのお餅はおいしいですね。(^-^ )


餅つきが終わりかけてきた頃に雨がザーっと降ってきました。

みなさんの日頃の行いが良かったんでしょうね。

子どもたちも参加して、盛大なもちつき大会になりました。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-12-21 21:54

市立病院に関する特別委員会

a0084645_10153387.jpg
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-12-15 18:14

議会運営委員会

a0084645_10225068.jpg
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-12-12 19:19

産業建設常任委員会

a0084645_1019739.jpg
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-12-11 19:18

12月定例議会 一般質問

a0084645_1026093.jpg
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-12-05 19:23

条例ピックアップ 日本一の鳥取砂丘を守り育てる条例

a0084645_164699.jpg
砂丘の落書きを禁止・砂丘景観の保全と再生をめざす!

鳥取砂丘は日本最大の海岸砂丘で、スリバチ、風紋、砂れん等の独特の地形や起伏に富んだ景観を守り、固有の砂丘植物が自生している。

l955年には国指定天然記念物に、l963年には山陰海岸国立公園に指定されているが、近年は砂丘利用者のマナ一の低下で、ごみのポイ捨てや砂丘斜面への落書きが後を絶たない。

一方で河川と港湾の整備による砂の供給の減少と、保安林の整備による草原化など、新たな問題を抱えている。

これに対して、地元では県民参加による除草活動や清掃活動など、砂丘の再生をめざす取り組みが始まり、乾燥地農業の研究拠点の整備、砂にまつわる文化的な催しの実施など、地域特性を生かした新たな価値や情報の創出と発信の拠点としての発展が期待されている。

こうした砂丘の持つ多面的な価値の向上を図り、すぐれた環境を次世代に引き継いでいくため、県は砂丘の保全と再生を進めていくための条例を制定した。

条例では、県の責務として、砂丘利用者の理解を深め、必要な保護施策を総合的に推進することを求めている。

観光客など砂丘利用者に対しては、県の保護施策への協力や固有環境の毀損と他者の快適な利用の妨げの禁止を規定した。

具体的に禁止したのは落書きやゴルフボールの打ち放し、ロケット花火の発射、ごみのボイ捨て、動物の糞の投棄。

落書きについては文字、図形、記号などを対象に、内包できる最小の長方形または円の面積がl0m2を超えるものに限定した。

違反者に対しては5万円以下の過料と原状回復を指示する。

鳥取県
URL:http://www.pref.tottori.lg.jp/

宝塚市も宝塚歌劇が宝塚市から出ていかないために、市をあげて守っていく条例が必要ではないでしょうか?
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-12-03 18:00

宝塚市立病院に関する特別委員会 視察

a0084645_15353.jpg
今日は、特別委員会で伊丹市、川西市、三田市の近隣3市の視察に行きました。

視察のテーマは、
◆伊丹市
地域医療について (地域医療体制整備推進班)

◆川西市
市立川西病院循環バスの試験運行について (政策課)

◆三田市 
市民病院の運営及び経営について
市民病院の広報について (三田市民病院)


まず1市目は、伊丹市。

伊丹市は、

平成19年2月には第3次市立伊丹病院経営健全化計画を策定し、取り組んできたが、地域医療全体の危機的状況を改善するため、平成19年8月に市長を本部長とする「地域医療体制整備推進本部」を設置し、その事務局として「地域医療体制整備推進班」が設置された。

地域医療体制整備推進班の目的は、
1.地域医療体制の整備にかかる調査研究及び施策の立案を行う。
2.市立伊丹病院と他の医療機関との連携体制を整える。
3.救急医療体制の整備にかかる関係機関との連絡調整を行う。

ここで、伊丹市の班とは、部と同じ機能をもち、プロジェクトチームの役割を果たしている。
組織体制としては、兼務及び専任の職員が所属している。

取り組み内容としては、
平成19年度
・市民及び医療関係者を対象に医療ニーズ調査を実施
・医療関係者からなる「伊丹市地域医療対策協議会」を設置し、地域医療充実策の検討

平成20年度
・引き続き残された課題について検討中
・伊丹市立病院を中心として、公立病院改革ガイドラインに沿って「改革プラン」を策定中
・「いたみ健康・医療相談ダイヤル24」の実施(7月1日から運用)

取り組みの成果
1.地域医療のニーズ調査の実施により、地域医療に対するニーズ、課題などが明らかになった。
2.医療関係者からなる「伊丹市地域医療対策協議会」を設置し、課題解決に向けた検討を行い市をあげて伊丹病院をはじめ地域医療充実に向けた取り組みを行った。
3.市民の医療不安の軽減のための具体策として、平成20年7月から24時間電話健康・医療相談(いたみ健康・医療相談ダイヤル24)を開設した。


ここで注目すべきは、
いたみ健康・医療相談ダイヤル24 である。

これは、どんな事業かといえば、
伊丹市民を対象に24時間体制で看護師・医師などによる健康相談を業者へ委託している。またフリーダイヤルを設け、通話料・相談料は無料。

この目的は、
119への救急医療機関に関する電話での相談件数を減少、一次救急医療機関に受診する軽症者数の減少、救急搬送人員における軽症患者の割合を減少することである。

予算は、1ヶ月約145万円。

1日あたり50件の問い合わせがある。




a0084645_1103432.jpg

a0084645_1104532.jpg

[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2008-12-01 21:04