宝塚市議会議員 伊福よしはる 活動日記


宝塚市議会議員 伊福よしはるの日々の活動をつづります
by ifuku_yoshiharu
検索
ホームページ
最新の記事
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧


阪上市長辞任

本日、議会の各会派の代表者が集まる代表者会にて、正式に阪上市長から辞任願いが提出された旨の報告を受けました。

明日開かれる本会議にて、同意議決し正式に辞任になる予定です。

議会としては、辞職勧告決議案を提出する予定でしたので、予想外の辞任願いでした。

今後、辞職の届け出に関して、議長から選挙管理委員会に提出されてから50日以内に市長選挙が開かれます。

予想では、4月19日ごろでしょうか。


次期市長は、イメージだけでなく、一本筋の通った方が必要です。

ワーワー言う評論家はいりません。

しっかりと足を地につけて、宝塚市の将来を考え、戦略的に市政を考える方でなければなりません。

何度も言いますが、イメージだけで、何とかやってくれそうだ!という中身のない候補者では、3代続けて宝塚市に汚点を残すことは確実です。

候補者に関する情報は少ないですが、よくよく観察して頂いて、戦略的思考の持ち主かどうか、考え抜いて頂ければと思います。

私のこれからのキーワードは、「武士道」です。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-02-26 15:24

第13回駅前議会 ビラ配りin逆瀬川

a0084645_1592088.jpg
今朝は、あいにくの小雨の中、逆瀬川駅にてビラ配りを行いました。

雨が降っているにも関わらず、チラシを受け取ってくださった皆様、ありがとうございます。

市長問題から、アピア、市立病院など大きな問題が山積みの宝塚市。

市民との対話の場=駅前議会を通じて、皆様の声を聴き、市政へ活かしていきたいと思います。

皆様、奮ってご参加ください!
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-02-24 22:58

議会の対応(阪上市長逮捕について)

市民のみなさまへ(意見表明)

 このたび阪上市長が収賄容疑で逮捕されるに至った件については真に残念かつ遺憾に思うと同時に、市民の皆さまならびに関係者の皆さまに多大なご心配とご迷惑をおかけしたことと憂慮しております。

現職市長が2代たて続けに引き起こした不祥事によって、本市は計りしれないダメージを受けることになりました。

まちの誇りと行政への信頼を大きく損ねた行為はとうてい許されるものではありません。

 私ども市議会は阪上市長の就任以来、公共料金の滞納問題や政治資金収支報告漏れをはじめ、市長として極めて不適切な言動が表れるたびに、その原因と責任を追及し猛省を促してまいりましたが、議会の意思が通じることなく、このような結果となりましたことを残念に思っているところでございます。

 ご承知のとおり、今月16日より開会中の第1回宝塚市議会定例会には新年度予算案をはじめ数々の重要議案が提出されております。

本市議会としましては、市民生活に支障をきたすことのないよう、まずは予算成立に向けた審査に全力で臨む所存であります。

なお、市長の進任(進退)問題につきましては、捜査の進捗を注視しながら然るべき判断を行ってまいりたいと考えております。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-02-24 22:42

市立病院に関する特別委員会

a0084645_18384333.jpg
今日、市立病院に関する特別委員会が開催されました。

市長の逮捕でドタバタしている中での、開会でした。

市立病院の今後も大切な案件なのですが、こんなときに市長の…

議会もその件で大忙し008.gif


特別委員会の内容は、

1.救急医療について

2.一般会計からの繰り出しについて

3.総括


はじめに病院長から、医師確保について、以前より進展のあった内容が報告されました。

・消化器科の先生が引き上げる予定だったが、残留してくれることになった。

・関西医科医大から小児科の先生を派遣してくれることになった。 など…


◆救急医療については、

・当直を3つに分け、

第1当直:救急外来担当。
内科、呼吸器科、脳神経外科の先生など。

第2当直:救急外来と主にICUを担当。
麻酔科、一般外科、外部から。

第3当直:主に入院患者担当。
ガン科、皮膚科、残りの診療科。


宝塚市の問題点は、救急専門医がいない。それに医師不足。

その分、医師総出で対応している。


救急に関しては、当直手当の改善。医師の意識改革を行っている。
また、救急から入院への移行をスムーズにしたりしている。

それに救急隊との連携(メディカルコントロール)を定期的に行っている。

今後、総合診療部を立ち上げ、入院後、どこの診療科が患者の面倒を診るのか?といった問題解決に対応していきたい。

また、救急の受け入れをして、宝塚市立病院では手術が困難な場合、その後の受け手の第3次救急が受け入れをしてくれないとい

う現状がある。

次に受け入れをしたとしても、コンビニ受診が増えてしまっては、元も子もない。


それに救急隊員の技術と知識の向上を図りたい。


院長自信が、
船橋市のドクターカーがうまく機能していると聞いている。

そのポイントは、平日昼間は、救命センターの医師が乗車している。

夜間や土日は、医師会から80名の医師が順番で担当してくれている。

この連携がうまくいっている点だと言われていました。


また、その他の情報として、
平成20年の宝塚市立病院の患者の割合は、宝塚市在住の方が入院・外来合わせた総患者数(31万9507人)の79.33%

となっている。

総患者数の8割が宝塚市民ということになる。


◆一般会計の繰り入れ額の状況として、

     平成17年度   平成18年度   平成19年度   平成20年度
宝塚市 10億4400万 10億6000万 14億2100万 14億8000万
伊丹市 10億6900万  9億7150万 10億4400万
三田市 14億4600万 14億0350万 15億0620万
西宮市 11億9000万 10億1970万  9億2400万




◆私からの指摘としては、

増収益やコスト削減項目がいくつか出ていますが、

その項目に対して、いくら増収するのか?

また、いくらコスト削減するのか?という数値目標が全くない点です。

目標値がなくて、どうやって削減していくのか不思議でしかたがありません。

<収益の増加>
・外来診療の強化
・救急対応の強化
・手術枠の見直し
・CT装置の更新
・診療報酬改定時での新設項目や加算用件等の早期対応
・売店のコンビニ化
・広告収入
・未収金対策

<費用の削減>
・職員数の適正化
・時間外勤務の縮減
・フィルムレス化による経済効果
・SPDによる材料費(調達価格)の見直し
・後発医療品採用の増加
・中央診療部門費用の見直し

これらの項目があがっていますが、どのように改善していくのか…

役人の作文にならないよう、今後チェックしていきたいと思います。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-02-23 21:03

光明小学校 創立30周年記念式典

a0084645_3193322.jpg
今日は、光明小学校の創立30周年記念式典に出席してきました。

式典は、第1部から第4部までありました。

第1部では、児童生徒のみで光明小学校の誕生日をお祝いしました。

その中で、光明小学校の先輩として、私もお話をさせていただく時間をもらいました。

話の内容は、創立当時の光明小学校などでしたが、私の記憶では、ほとんど当時と変わっていないように思っていましたが、

創立当初に校長先生をされていた中島先生から言わせると、当時と今とでは、大きく変わっていると言われていました。

確かに私は小学生で、おぼろげながらしか覚えていません。

しかし、校門は変わりましたが、中庭や池、ウサギ小屋、体育館などほとんど変わっていません。

運動場の遊具は大きく変わっていますが、体育倉庫などは増設されていましたが、ほとんど変わっていませんでした。

そんな話をしながら、後輩たちに2つのお願いをしました。

1つは、友達をたくさん作る。

2つは、イヤな事でもやってみる。何でもチャレンジしてみる、ということです。


人はやはり、1人では生きていけません。

学校へ行っている間は、親が面倒みてくれたり、友達がすぐにできますが、社会へでれば、1人前の大人として、社会の荒波を渡っていかねばなりません。

いろんな壁が立ちはだかりますが、そんなとき助けてくれるのが、友達です。

是非、たくさんの友達を作る事をお話しました。


その後、南京玉すだれの演技があり、生徒も南京玉すだれを実際にさわらせてもらい、のばしたり、魚を作ったりと体験しました。
a0084645_3171760.jpg



第3部では、
阪神タイガース虎風荘寮長の山本晴三さんの講演
「プロ野球選手の生き方・考え方」を聴きました。

山本さんが言われていたのは、日頃の生活態度や習慣がプレーにもでる。

日頃から手を抜かずにしっかりとやること。を教えてもらいました。

子どもたちには、朝、親に起こしてもらうのではなく、自分1人で起きること。をやって欲しいと話されていました。

心技体の「心」の部分が大切なんですね。


第4部では、
風船とばしをおこないました。

天高く!風船はどこまでも飛んで行きました。小さくなった風船が本当に空高く飛んでいった様子を見ていると、感動してきました。

前回は、名古屋まで飛んでいったらしいのですが、今回は子どもたちの思いを乗せて、どこまで飛んでいってくれるのでしょうか…
a0084645_339328.jpg

a0084645_3394941.jpg

[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-02-21 23:12

第13回駅前議会 ビラ配りin小林駅

a0084645_17465945.jpg
今日は、小林駅にて駅前議会のビラ配りを行いました。

今回の駅前議会は、市立病院やアピアの今後や、阪上市長の逮捕など、多くの問題が山積みの駅前議会になりそうです。


昨日の段階では、市役所へ捜査が入ったことは聞いていたのですが、今日の昼過ぎには逮捕とは…


報道陣が詰め寄せて、市役所内はてんやわんや。

宝塚市長が2期続けて逮捕なんて、ほんとに全国の恥です。


その分、「開かれた議会」全国第4位の宝塚市議会が、がんばらなければ!
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-02-19 22:46

キンボールの指導 in長尾小学校

a0084645_1357841.jpg
今日は、午後から長尾小学校へキンボールを教えて行ってきました。

5,6時間目を使い、それぞれ5年生を指導してきました。

1時限は、45分と短いため、その中で子どもたちにキンボールの楽しみが伝わるか心配でした。

しかし、兵庫県キンボール連盟の方もお手伝いにきていただいていたため、短い時間でしたが、実際に試合までできて、子どもたちも喜んでくれてました。

今後、4月と6月に大会があるため、是非子どもたちに参加して欲しいですね!
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-02-16 13:56

第52回宝塚市民の警察官賞

a0084645_13535220.jpg
今日は、宝塚市役所の大会議室で第52回宝塚市民の警察官賞の贈呈式が行われました。

日頃から、宝塚市の安全安心を守って頂いている警察官の方々にお礼をこめて表彰する式典です。

たくさんの関係者の中で、表彰されていました。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-02-16 13:51

伊福よしはる後援会 第2回定期総会

a0084645_2124672.jpg
今日は、昨日のように暖かくなり、総会日よりになりました。

午後2時から総会が開会されました。

総勢40名の会員さんに集まって頂き、昨年度の事業報告と、今年度の活動予定を報告しました。

お忙しい中、折角の休みの日にご参加頂きました会員の皆様、ありがとうございました。

引き続き、一生懸命、宝塚市を変えるために頑張っていきます!

ご支援宜しくお願い申し上げます。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-02-15 22:12

これからの自治体経営改革 inNOMA

a0084645_1431112.jpg
今日は、NOMA中部本部主催のこれからの自治体経営改革の研修会に参加してきました。

講師は、関西学院大学専門職大学院経営戦略研究科教授 石原俊彦氏です。

内容は
・NPMの基礎
・行政評価を活用したVFM監査
・政策と組織の一致
・地方公会計改革のうねり
・会計を用いた行政経営
・行政評価を利用した自治体ランキング
・内部統制の整備・運用と内部統制監査


以下乱文…
これからの自体体経営には、内部統制という考え方が必要だ。

公会計制度や財政健全化法も内部統制というフレームワークの中の1つである。

民間企業では、会社法の改正によりすべての上場企業に対して、社長が内部統制に関して責任をもって対応しなければならなくなった。


コンプライアンスを厳守するために、イギリスでは、2つの方法がある。
1.Hard Wiring ハードな配線。つまり、条例や規則などのルールで遵守させる考え方。しかし、いくらすばらしい条例を作っても、それが活かされなければ意味がありません。そのためには、もう1つのSoftWiringという観点も考えなければならない。という考え。
SoftWiringとは、人間関係、動機付け、モチベーションなどどうすれば、うまく運用することができるかを考える方法。であり、経営をする立場としては、むしろ、こちらを考えていかないといけないものだ。


名古屋市では、サンキューカードという上司が部下を誉めるカードを活用している。
2階級下の部下へ渡す。

縦割りの弊害、横のつながりがない。それと真上、真下のしか見ていない。飛ばした上や下へ話をしているか?

全庁的な行革、民間ではQCサークル。
全国都市改善改革実践事例発表会
前福岡市長 山崎広太郎氏 人材育成にお金をかけて一生懸命にやった。

信頼獲得は、市民とface to faceになったときにできるものだ。
いくら仕組みなどハード面を整えてもダメ。

内部統制、市民から信頼を得るため。
1人が悪いことをしても、他の人が市民のために一生懸命face to faceの対応をしていれば、市民は分かってくれる。

100-1は? ゼロになる。
1人の職員の不祥事が結局役所全体の信頼を失墜することになる。


自治行政、自治事務に関して、
総務省の審議会、研究会の審議事項がホームページに掲載されている。
そういう内容が自治体へ通達として送られている。
今後どういうトレンドへ向いているか、ホームページを見れば分かる。

会計管理者のポストがおざなりになっていないか?
定年前の職員がポストにすわっていないか?
豊橋市は最年少部長をおいている。
今後内部統制を重視する場合、チェック機能として会計管理者の職務は重要になる。

業務改善について、起案から最終の承認まで何個ハンコを押しているか?
270個押している場合があった。本当にそれだけ押す必要があるのか?


切手購入について、管理されているか?

内部統制のポイントは、
予防と発見・修正だ。

まず、リスクが発生しないように、どう予防措置を講ずるか?
また、起こったときは、問題が小さいうちに、発見し改善できる仕組みづくりが必要。
そのためにも監査事務局にがんばって欲しい。

予防という意味で、監査委員は事前監査ができるか?
国東市では、問題が発生する前の予防という意味で、内部統制組織の整備として予防の必要性を述べている。

監査事務局長が、部長級になっているか?
なぜ、課長級が多いのか?
財政局長が部長で、監査事務局長が課長級でよいのか?
今後、内部統制のために監査事務局の存在が重要になってくる。それが分かっているかどうかだ。



◆地方公共団体における内部統制のあり方に関する研究会(中間報告)
・内部統制の目的の定義について
業務の有効性及び効率性とは、事業活動の目的の達成のため、業務の有効性及び効率性を高めることをいう。
財務報告の信頼性とは、財務諸表及び財務諸表に重要な影響を及ぼす可能性のある情報の信頼性を確保することをいう。
事業活動に関わる法令等の遵守とは、事業活動に関わる法令その他の規範の遵守を促進することをいう。
資産の保全とは、資産の取得、使用及び処分が正当な手続き及び承認の下に行われるよう、資産の保全を図ることをいう。
(注)内部統制の目的はそれぞれに独立しているが、相互に関連している。

最小の経費で最大の効果を得ること。それは市長の責任である。

内部統制は、リスクマネージメント。
今までは、ハザードリスク(天変地異など)だった。これからは、様々なリスクが考えられる。
総務省では、地方公共団体を取り巻くリスク一覧として、99項目のリスクを定義している。


政策と施策
公共サービスと行政サービスの違いは?

顧客指向とは、顧客にすべて合わすことなのか?
お客はいつも正しいとは変わらない。

入ってくる税金が少なければ、出て行く行政サービスも少なくなる。



尼崎市では、ゴミ収集の班長が小学校へ行って子供たちにゴミに関することを教えている。
またゴミ収集が終わり夕方になれば、スーツを着て、パッカー車の広告を載せてもらうために営業に出かけている。

神戸市では、足の不自由な方やお年寄りのために、一部個別回収をしている。
個別回収を行うことにより、お年寄りなどの安否確認ができている。お年寄りにとっては、誰かがいつも訪れるということは、良いことだ。

市場化テストのポイントは、何か?
それは、公や民間という区別ではなく、いかに最小の経費で、最大の成果を得るところはどこだ、ということだ。

あるべき姿は、公募提案型の市場化テストだ。

官からの提案だけでなく、民間からも提案させるべき。
そのためには、どうやって官が持っている情報を広く知らせることができるかだ。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-02-12 22:42