宝塚市議会議員 伊福よしはる 活動日記


宝塚市議会議員 伊福よしはるの日々の活動をつづります
by ifuku_yoshiharu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
検索
ホームページ
最新の記事
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧


第3回金太郎チャレンジカップ キンボール大会in三田

今日は、第3回金太郎チャレンジカップが三田市の駒ヶ谷体育館で行われました。

参加チーム数は、60チーム。

宝塚からは、9チーム参加しました。

当日は、イベントとして、マジック教室やバルーンアートなども行い、大盛況でした。

結果は、

5年生の部で1,2位を宝塚市の光明レッドと光明ブルーが獲りました。

4年生の部では、非常に惜しかったのですが、2,3位を山手台ファイターズが獲りました。

川西や宝塚で行われた第1回や第2回大会では、宝塚市のチームはほとんど入賞していませんでしたが、青年会議所のメンバーが指導者となり、いろいろな小学校へ指導しに行ったり、また大会を開催するなどしてきた成果が徐々に出てきた結果だと思っております。

また、9月には
「第1回宝塚フレンドリーカップ」を開催する予定です。

この大会は、大人も子どもも参加できる大会にしております。

是非、たくさんの市民の方に参加して頂きたいと思っています。


キンボールを通して、子どもたちがチームワークを大切にし、お互いを協調しながら戦っている姿が非常に印象的なスポーツです。

これからも、キンボールを通じて、子どもたちにチームワークの大切さを教えていきたいと思います。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-06-28 23:59

アピア1、2リニューアル事業資金融資損失補償金の予算執行に対する決議

a0084645_8463265.jpg
6月22日の本会議にて、アピア1、2リニューアル事業資金融資損失補償金の予算執行に対する決議がなされました。

以下、内容を記しておきます。



アピア1、2リニューアル事業資金融資損失補償金の予算執行に対する決議

 旧宝塚まちづくり株式会社 (以下 「まちづくり会社」という。)は、民間活力により地域の潜在力を引き出し、逆瀬川アピアを駅前の「地域の生活・サービス拠点」として再生を図るとともに、本市の中心市街地活性化の推進役としての役割を果たすべく一昨年5月に設立され、市議会としても、その活躍、成果に大いに期待していたところである。

 昨年3月、まちづくり会社はリニューアル事業資金に窮し、急速、市に対して損失補償を求める事態に至り、市議会としても、まちづくり会社ならびにアピア逆瀬川の危機的な状況を回避すべく、市提案の債務負担行為予算に対して、賛同してきた。

 市議会としては、その後、アピア1,2リニューアルオープンを経て、順調にまちづくり会社の経営が行われるものと期待していたが、事業や発注の中心者である取締役の辞任以降、リニューアル事業に係る諸問題が惹起するとともに、当初の事業計画から大きく乖離し、赤字経営に転落するなど、市議会や市に当初説明していたものと全く違う事態となった。このため、市議会としては、市に対して、再三にわたり、空床解消などの経営改善や、追加工事費問題等の早期解決に向け、指導・助言を行うよう、求めてきた。

 しかしながら、まちづくり会社については、本年2月27日、資金繰りが悪化し、大株主である市への説明・了解を行うことなく、一方的に神戸地方裁判所へ破産手続き開始の申し立てを行い、同日、開始決定がなされた。

 このことについて、市議会として、これまでの経過から、強い慣りを覚えるとともに、市のまちづくり会社への指導が徹底されてこなかったことに対して、市に対して反省を求めるものである。

 今回、3金融機関との契約に基づき、多額の損失補償金の支払いを履行することについては、市民の血税による支出であることに鑑み、予算執行に際しては、次の事項を遵守するよう、決議する。

1.まちづくり会社破綻後の逆瀬川アピア1,2の再生については、地元商業者による主体的な取り組みを原則とし、安易な市支援は行わないこと。

2.アピア1,2リニューアル事業に際して発生した諸問題は、すみやかに解決を図るよう、逆瀬川都市開発(株)を指導するとともに、同社が自らの責任において経営再建を行うよう、推進体制を再構築させること。

3.貴重な市民の税を使って損失補償金を支払うこととなるため、市都市経営改革行動計画の達成を図るなど、より一層の行財政改革に取り組み、財源の確保に努めること。

4.まちづくり会社のずさんな事業・資金計画に起因する破産にも関わらず、市の支援がないための破産などと、全く無責任な発言を仄聞するに至っており、「アピア逆瀬川の再生に関する調査専門委員会」による原因究明を踏まえ、まちづくり会社経営陣に対しては、
徹底的な公的責任の追及を行うこと。


いろんな意味で無責任な結果になってしまいました。

この責任は誰がとるのでしょうか?

こんなことでは、すべての事業に対して賛成できなくなります。


市から、議会へ損失補償の議案がでてきましたが、議案がでてきてから、総務常任委員会で議論できる時間は1日と少しだけ。

それ移行になると、銀行から融資が受けられない。

この議案を否決すると、アピア再生へ向けて走り出したところなのに、議会が再生をつぶしてしまうことになるという方法で採決を迫られました。

こんなやり方では…。

ある人に聞くと、これは役所の常套手段だそうです。


本当に、地方議会には、地方自治法上、権限が与えられていないのです。

官僚天国にならないよう、地方分権時代の議会にも権限が必要であり、それとセットで議員の能力向上が必要だと思います。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-06-23 08:45

平成21年度6月定例議会が閉会

a0084645_23591882.jpg
今日で6月議会が閉会しました。

この日、特別委員会が設置されました。

・市立病院に関する特別委員会
→市立病院の運営に関すること

・都市活性化及び財政運営に関する特別委員会
→観光・商工業の活性化に関すること
中心市街地の活性化に関すること
農業振興に関すること
財政運営に関すること

・議会改革特別委員会
→議会基本条例の調査に関すること
議会の活性化に関すること
宝塚市議会議員の政治倫理に関する条例に関すること

ここで、議会改革特別委員会は、議員のすべて25人が委員として参加します。

そして、3つの部会に別れて議論します。

1.議会基本条例に関すること

2.議会活性化に関すること

3.政治倫理、資産公開に関すること


本来、特別委員会は、特別な事項がある場合に設置するべきものなのですが、毎年なんらかの形で設置されています。

通常の事柄であれば、常任委員会で議論すればいいのです。

ほぼすべての事柄に関して、所管事務事項が常任委員会には定められていますので、事足りるはずなんですがね。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-06-22 23:58

第2回総合計画検討市民会議

a0084645_3121977.jpg
今日は、夕方から傍聴者として、参加しました。

議題として、

1.財政状況、財政見通し、行財政改革の取り組みについて

2.本市での協働の取り組みについて

3.将来都市像、基本目標について


傍聴してみて、

1,財政に関しては、市民の方は非常に分かりづらいと思います。

実質、借金をしても収入(歳入)として扱われるし、基金を取り崩せば赤字にはならないし…。

小西先生にまとめてもらうのが、一番いいですね。


2.協働の取り組みは、いつまで協働を唱えるのか本当に信じがたいです。

まちづくりという大きな枠で考えないと。

そこには、いろんな形で市民の方が、活動されているはず。


ほんとに役所は、自分の事しか考えていないのがまるわかりです。

協働って、行政がやっていたことを市民にも参加してもらって、ちょっと手伝ってよ!という感じではないでしょうか?

本当のまちづくりは、「補完性の原理」でしょ!

自助、共助、公助。

市民が単独でまちづくりに、貢献することは、行政が目指す「まちづくり」に含まれないのでしょうか?

市民がお互いに助け合ってまちづくりを行っている事に関して、行政は無視していいのでしょうか?


市民が自分たちで、まちづくり…自助

市民と行政でまちづくり(協働)…共助

行政がまちづくり…公助

では、ないでしょうか!!!


行政が考える 協働のまちづくり とは?

ある意味、宝塚市の主権者である市民を活用して、行政サイドで何かをやらせようとする。


行政本意で使っている「協働のまちづくり」に嫌気がさしますね。



まちづくり ってなんなの?

住民自治や地域自治などの言葉を使っていますが、これらと協働って、イコールではないんですよ!

良く理解して欲しいです。



◎総合計画は、作文ではないのです。

計画なのです。

いつまでに、何を、どうするのかを数値目標を入れて、しっかりと計画に盛り込む必要があります。


総合計画には、今後の財政状況もふまえて、いくらあるから、これだけできる という財政との連携が必須。

計画なので、スケジュールはもちろん必要。

どれだけの人員で、どんな組織で経営していくか。人員管理、組織運営。


これらすべてを含んだトータルマネジメントが総合計画には、必要なんです。

役所のみなさん、理解して下さいね。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-06-16 23:29

新型インフルエンザによる臨時休業に係る事業補充

a0084645_139269.jpg
新型インフルエンザの影響で、5月18日から24日まで臨時休業となっていた件に関して、2学期の始まる前に授業の補充を行うことが発表されました。

しかし今年度、複数の学校において、耐震化工事を行いますので、その学校では補充が行えないという実状があります。

不公平感がありますが、子どもたちの安全を守る事業を優先するという事をご理解頂ければという説明がありました。

ただし、耐震化を行う学校においても、各週の授業時数を1コマ増やしたり、創立記念日を登校日として授業を行うなど、各学校において工夫をし対応をとっていくとの事です。

新型インフルエンザに関して、また今秋にも毒性の強い新型インフルエンザが発生する恐れもあるということですので、今回の行政の対応を良い教訓として、今後の危機管理をしっかりしていくことを強く意見として言っておきました。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-06-11 22:03

議員提出議案 審議会の議員報酬カット

a0084645_432134.jpg
提案者として、3回目の委員会審議ですが、

またまた、継続…


二元代表制、地方分権の意味が分かっているのやら…
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-06-10 20:31

宝塚市体育協会 総会

今日は、宝塚ホテルにて、宝塚市体育協会の総会がありました。

昨年度は、北京オリンピックに出場した

寺内健選手の壮行会などが実施され、いつにも増して盛大な行事が行われました。


元気の源は体育協会から!


という言葉のとおり、

スポーツを通じて、健康の増進や精神的な充足を与え、日々活動されている協会の方々には、頭の下がる思いです。

私も少年野球を通じて、宝塚市のスポーツ振興の一端を担えるよう日々頑張っております。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-06-06 21:32

一般質問 平成21年度定例6月議会

a0084645_18134127.jpg
今日、9時30分から90分間、一般質問を行いました。

内容は、

◆まちづくりのあり方
・協働のまちづくりとは?
・入札における総合評価方式の導入について
・市内の企業を育成する施策について(提案として、繰越明許費、債務負担行為の活用について)

◆第5次総合計画について
・今後の策定方法、市民参加及びスケジュールは?
・市民アンケート調査結果報告書について
・目標値設定の必要性について

◆行政評価のあり方
・施策評価システムのあり方について
・事務事業評価システムのあり方について
・政策評価と執行評価について
・総合計画→施策評価→事務事業評価の関連性について

◆資源ゴミの持ち去り問題について
・資源ゴミの持ち去り問題について、どう把握しているのか?
・現状の持ち去り状況について
・今年度から試行している対策の進捗状況について
・今後の対策方針について


90分間でしたが、時間が足りず、◆行政評価のあり方については、また、9月議会で質疑していきたいと思います。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-06-05 22:13

一般質問内容の事前公表

今日から一般質問が始まりました。

今回の一般質問から、誰がいつ、どんな質問をするのか、事前に市議会のホームページで公表することになりました。

以前も同様に、誰がどんな質問をするのか、事前に公表していたらしいのですが、質問内容の利害関係者などから、圧力がかかるケースがありました。

そのため、事前に公表することを差し控えていたのですが、議員通しの議論の結果、

やはり、市民の方に分かりやすい形式という事で、公表することになりました。

是非、ご活用下さい。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-06-02 23:42