宝塚市議会議員 伊福よしはる 活動日記


宝塚市議会議員 伊福よしはるの日々の活動をつづります
by ifuku_yoshiharu
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
検索
ホームページ
最新の記事
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧


西校区 少年野球大会

a0084645_1334138.jpg
今日は、高司小学校で、西校区の大会が3試合行われました。

日中は、夏を思わせる暑さでしたが、選手たちは元気いっぱい戦っていました。

3試合中、2本のホームランが出たほどでした。

3試合目は、サヨナラヒットで幕を閉じるなど、劇的な内容の多い1日でした。017.gif
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-09-27 21:57

第39回 運動会 in末成小学校

a0084645_1232281.jpg
今日は、末成小学校の運動会に行きました。

末成小学校の特徴はなんといっても、エイサーです。

エイサーとは、沖縄県でお盆に踊られる伝統芸能です。

4年生が元気一杯踊っていました。


p.s.写真は玉入れです…025.gif
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-09-26 19:06

第24回 宝塚市西校区親善軟式少年野球大会

a0084645_1755078.jpg
今日は、第24回宝塚市西校区親善軟式少年野球大会に行ってきました。

今年で24回目ですが、ちょうど私が6年生のときに、第1回大会が行われました。

昔、第1回大会を開催するにあたり、いろいろな方がご尽力して頂いた事をききます。

このような大会が行われ、子どもたちが多くの試合を経験できるという意味でも非常にありがたいことです。

今日から熱戦が繰りひろげられていますが、精一杯頑張って欲しいと思います。


P.S.
始球式をさせて頂きましたが、久しぶりの投球に高めの大ボール。

それでも良くキャッチャーが捕ってくれました。ホッ… バッターに当てなくて良かった042.gif
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-09-23 20:53

宝塚市の財政は…

18日付けで、兵庫県内の市町の健全化判断比率が公表されました。

健全化判断比率とは、夕張市の破綻に伴い、自治体財政健全化法が導入され、財政の健全度を測るため、4つの指標で表されたものです。

その指標は、

1.実質赤字比率

2.連結実質赤字比率

3.実質公債費比率

4.将来負担比率

の4つ。


上記の1.2.は、ほとんどの自治体では赤字になっていません。

ポイントは、3.4.。

簡単に言うと、

3.実質公債費比率は、どれだけ借金をしているか?

4.将来負担比率は、毎年入ってくる税収に対する借金の割合。

つまり、借金が多ければ、毎年入ってくる税収で返していかなければならないので、将来の子どもたちに借金を残さないという比率。

に関する指標と考えてもらえればと思います。


3.実質公債費比率については、

18%を超えると起債に国や県の許可が必要な許可団体。

25%を超えると早期健全化団体。

35%を超えると財政破綻状態。


4.将来負担比率については、

350%を超えると早期健全化団体として、国へ財政健全化計画の提出が義務づけられています。



◆県内における宝塚市の順位は???

実質公債費比率は、5位。(9.0%  県内平均14.0%)

将来負担比率は、9位。(96.2%  県内平均149.2%)

なかなかの成績です!



◆阪神間で比較すると、

      実質公債費比率    将来負担比率
宝塚市   5位  9.0       9位  96.2
尼崎市   7位 10.4      32位 205.8
西宮市  12位 13.4      10位 100.1
芦屋市  33位 19.9      33位 206.7
伊丹市   3位  8.3      12位 104.8
川西市   8位 10.7      23位 170.6
三田市  20位 15.7       4位  28.7


現在の数字としては、大変優秀です。

しかし、今後どの自治体も同様に、約50年前に建てたコンクリート構造物が耐用年数に達しようとしています。

今後、これらを建て直すには、莫大な費用が発生する事が目に見えています。

宝塚市においても、今後10~20年の間に、上下水道施設や橋、ゴミ焼却場など、多くの施設の建て替えが必要になってきています。


行政は、単年度予算主義ですが、将来を見据えた長期的な経営的視点がますます必要になってきています。


私としても、黙って見過ごすわけにはいきません。

今までの経験を活かし、これからの大きな難題に取りかかっていく所存です。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-09-19 20:42

地域自治のために 財政学から住民自治を考える

a0084645_182901.jpg
今日は、宝塚市自治会連合会主催の定例総合研修会に参加しました。

その基調講演で、総務省の地方財政審議会会長 関西学院大学 人間福祉学科 社会起業学科 神野 直彦 教授の話を聞きました。

タイトル 【住み続けられるまちづくりを目指して】 ~宝塚の課題を探る~


まず初めに、言われた事が、


政治には、政策がない。

郵政民営化をすることによって、国民の生活はどう変わるのか?

民主党が官僚組織をぶっ壊すと言っているが、壊した後、国民の生活はどう変わるのか?

その答えをちゃんと示した試しがない。


「将来像を示すことは大切なことである。」



次に世界の大きな流れについて。

世界には、大きく分けて3つの流れがある。

◆小さな政府
 1.アングロサクソン系-アメリカ、イギリス、日本

◆福祉国家
 ・ヨーロッパ - 2.スカンジナビア諸国
            3.ヨーロッパ大陸

デンマークでは、知識集約産業、ソフト産業へ移行していっている。
そして、国際競争力を得ている。

産業構造のゴールデントライアングル

 市場の規制緩和━━━┓
  ┃      再訓練・再教育
 社会保障━━━━━━┛


◆再分配のパラドックス

ポイント:社会のすべての人に対してユニバーサルに対応する。

つまり、福祉、教育、医療費を無料にするとき、金持ちも貧乏もすべて同じ扱いをする。

そうすることによって、貧困と格差がなくなる。と神野教授は言われます。

実際に北欧はそうやっています。


社会的支出に関しては、2つあります。

1.現金給付
2.サービスで提供

特にドイツでは、社会的扶助支出が多いが、格差は拡がっている。

なぜか?


それは、サービスでの提供が少ないからである。


ここで、公がサービス給付を推進しなければならない理由が分かって頂けると思います。


そして、それは地方が行わなければならない。

つまり、地方分権を積極的に押し進める理由はココにある、と神野教授は言われます。



神野教授はこう言われました。

「サービス給付」は、地方でしかできない。地方分権をして、サービス提供を行う。それが地方分権の意味だ。」



次に、スウェーデンの中学生の教科書を資料に話を進めます。

◆まず、予算について。

予算に関しては、さまざまな見解があります。

1.減税してほしい。

2.減税反対。サービスの低下をまねく。

3.税金を引き下げる代わりに、料金の値上げをする。その方が、浪費している人は高額、節約している人は少額ですむ。

4.料金を値上げし、税金も引き上げる。それが大多数の者、子供のいる家族、年金者にとってベストだ。

さまざまな見解を示し、子どもたちに考えさせます。決して答えを求めません。子どもたちに徹底的に議論させるそうです。


私たちは、すぐに答えを求めたがりますが、本来民主主義には答えは無いのです。



◆市における民主主義~影響を与えるいろいろな方法~

まず、選挙に行くことはもちろん、立候補することも推奨しています。

また、直接政治に関わることができなくても、いろんな形で政治に影響を与えることも推奨しています。

例えば、

「新聞に投書しよう!」

「地元のラジオで喋るよう努力しよう!」

「政治家と連絡を取って、個人的に話し合ってみよう!」


また、団体を作ることを奨励しています。

本文より、

小さな団体や同好会、行動グループ、地域団体なども、政治家やその他の決定に与る人々に影響を与えることができます。


ココがポイント!

団体を作ることによって、人々は助け合います。それが、地域防災や地域の安全安心につながっていくのです。


◆教会コミューン

※コミューンとは、今回、自治体を意味しますが、小規模な共同社会を指す場合にも使われます。


教会において、コミューン税があり、共同で教会の財政を管理し、多くの一般向け事業を行っています。

スウェーデンでは、100人のうち、93人は教会の会員であるそうです。


ここでは、何を言いたいかというと、

地域社会でお金を集め、それを地域のために活用するという方法です。

スウェーデンでは、宗教が中心ですが、日本にも地域で支え合っている例があるそうです。

それは、島根県雲南市の自治会です。

自治会では、月4~5千円徴収し、自治会で保育園などを経営しているそうです。

それは、農作業ができないから。

私はこれが地域自治の原点だと思います。



最後締めくくりでは、神野教授が母親から教えられた事を話しされていました。

お金で買えるものには、価値がない。

なぜなら、いつでも買えるから。

お金では買えない、友情や自分でまとめたノートなどを大切にすることを教えられたそうです。


追想…

リーマン・ブラザースが去年の9月15日に破綻してから早1年がたちました。

そして、リーマンを買収したのはイギリスの大手金融グループ、バークレイズ。

バークレイズは、リーマンの人やシステムをそのまま採用し、今では100億円の利益をあげています。


あらためて今日は、

本当に大切なものは何か?を再確認させて頂いた1日でした。




■資料

◆地方分権の推進に関する決議(H5.6.3衆議院、H5.6.4参議院)

 「今日、さまざまな問題を発生させている東京への一極集中を排除し、国土の均衡ある発展を図るとともに、国民が待望するゆとりと豊かさを実感できる社会をつくり上げていくために、地方公共団体の果たすべき役割に国民の強い期待が寄せられており、中央集権的行政のあり方を問い直し、地方分権のより一層の推進を臨む声は大きな流れとなっている。

 このような国民の期待に応え、国と地方の役割を見直し、国から地方への権限移譲、地方税財源の充実強化等地方公共団体の自主性、自立性の強化を図り、21世紀に向けた時代にふさわしい地方自治を確立することが現下の急務である。

 したがって、地方分権を積極的に推進するための法制定をはじめ、抜本的な施策を総力をあげて断行すべきである。」



◆地方分権の推進に関する意見書(地方6団体、H6.9.26 抜粋)

 「国内では、経済成長が所得水準の向上をもたらしたものの、多くの国民は、それを実感できず、真の豊かさを求めようとしている。

このため、成長優先の政策から生活重視の政策への転換が行われつつある。生活重視となれば、生活に身近な地方公共団体の果たす役割への期待が高まるのは当然であろう。

さらに、中央集権的な行政の結果、首都圏への一極集中、地方における過疎化、地域経済の空洞化などの課題が生じており、このためにも、地方公共団体が、迅速・機敏に、きめ細やかに、しかも自立的・総合的に活動し、生活の向上と魅力ある地域づくりに邁進できるような機能と条件を備えてゆくべきである。

 今こそ地方公共団体は、地方自治が住民の権利と責任において主体的に形成されるべきという基本的観点に立って、その責務を果たすために、より足腰を強めて「自立する」ことが肝要である。」
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-09-17 22:25

9月議会の一般質問の要旨

今日、一般質問の要旨を提出しました。

内容は以下の通りです。


質問事項 1  行政評価システムについて

・行政(特に非営利組織)の経営とは、どう考えているのか?

・行政評価システムのあり方とは、どう考えているのか?

・平成18~20年度 施策進行管理表について

・事務事業評価システムのあり方とは?それをふまえた改善点は?

・今後、行政評価システムをどう有効活用していくのか?


質問事項 2  市役所に隣接したNTN跡地について

・庁内の検討委員会の活動状況は?

・市として中心市街地に含めた意味は?市の方針は?

・今後どのように跡地の利活用に努めるのか?


質問事項 3  まちづくりについて

・市民主体の市民とは、誰をさすのか?

・第5次総合計画策定に関して、おさえておくべきポイントは何か?


◆一般質問の日時は、

10月1日(木) 10:35~  75分間です。

応援お待ちしております!
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-09-15 20:22

西谷認定こども園 安倉中学校 視察

a0084645_1551829.jpg
今日は、文教常任委員会の視察を行いました。

まず、西谷地区にある宝塚市西谷認定こども園です。

認定こども園とは、簡単にいえば、幼稚園と保育園がくっついた施設と思ってもらえればいいのではないでしょうか。

宝塚市西谷認定こども園は、公立での幼稚園型認定こども園です。

これは兵庫県下初です。

さらに0歳から受け入れるため、保育施設を併設する幼稚園型認定としては、全国で初の試みとなります。

現在、保育施設では12人います。

今までは、4,5歳児だけだったのが、1歳~3歳児まで増えたため、にぎやかになったそうです。

今日も、にぎやかに運動会の練習をしていました。
a0084645_155492.jpg


その後、安倉中学校へ行き、学校給食調理室水道直圧化工事について、視察を行いました。
a0084645_156932.jpg

[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-09-11 13:39

宝塚市立病院の視察 市立病院特別委員会にて

a0084645_15153972.jpg
今日は、市立病院特別委員会で市立病院へ視察に行きました。

約1時間、みっちりと病院内を回りました。




◆院内図書館

学術図書がたくさんあり、パソコンも数台設置され、ここで学会への発表論文を作っているそうです。
a0084645_15162651.jpg




◆院内保育所

医師や看護婦などの子供さんを預かっているところです。平均14名ほど、おられるそうです。回ったときはお昼寝時間で中は見られませんでした。
a0084645_15164726.jpg




◆新人工透析センター予定施設

ここは以前、職員食堂だった場所です。ここに透析のベッドを35床設置し、透析にも力を入れていくそうです。
a0084645_1517781.jpg





◆緩和ケア病棟

院内でもホスピスケアだけでなく、在宅ケアにも力を入れています。ナースステーションでは、季節に合わせた模様替えやBGMを流したり、アロマを焚いたり、リラックスできるムード作りをしていました。

月2回ボランティアのセラピストに来てもらい、患者さんやそのご家族にアロマを用いたハンドマッサージなどされているそうです。

今後、内装をやり直し15床設けるそうです。
a0084645_15172869.jpg





◆中央放射線室

年間8億円も医療収入があるセクションです。エックス線、CT、MRI、RIなど23台の機器を備えています。
a0084645_15174741.jpg





◆救急診察室

9月の連休までに新型インフルエンザにきっちりと対応するための発熱外来を設置します。現在、一部工事中でした。
a0084645_1518715.jpg





◆薬剤部

1日に800~1000万円の薬を購入しています。月では、1億6千万ほど。1400品目を扱い、そのうち108品目がジェネリック薬品を使っているそうです。

診察が終わり、薬を受け取るまで20分以内を目指しているそうですが、現在薬剤師の方がお産などで人手不足で30分ほどかかることもあるそうです。

薬を出すまで時間がかかる理由として、薬に間違いが無いか?など2人が必ずチェックしているためだそうです。薬の種類によっては、3人でチェックをする場合もあるそうです。
a0084645_15182530.jpg





◆栄養管理室

市立病院の調理室では、1回の食事で250食ほど作っています。そのうち患者さんの病状や体調などを考慮して、3割は、個別対応しているそうです。

ここには、職員として7名の管理栄養士がおり、患者さんや医師などと話をして献立を決めているそうです。実際に作っているのは、民間企業にアウトソーシングしています。
a0084645_15185130.jpg







ここ数ヶ月で医師数も増え、夜間の救急体制も整ってきたそうです。

地域の医療を守る「最後のトリデ」として、ますます頑張って欲しいと思います。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-09-10 22:30

新型インフルエンザの影響により、小中学校閉鎖

今日、宝塚市の新型インフルエンザ対策本部会議が開かれました。

阪神間において、宝塚市がもっとも新型インフルエンザの影響を受けており、学級閉鎖や学年閉鎖の数が一番多くなっています。

その理由は分からないそうです。


7日現在で、

学校閉鎖 3校 対象1536人

学年閉鎖 4校 15学級 543人

学級閉鎖 8校 11学級
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-09-07 15:53

事業承継セミナー

a0084645_212038.jpg
今日は、勤労市民センターでセミナーを行いました。

内容は、昨年度全面改正された「中小企業における経営の承継の円滑化に関する法律」についてです。

分かりやすく言うと、相続などで代表取締役などが変わるときに関する法律です。

略して、よく事業承継と言われています。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2009-09-06 22:11