宝塚市議会議員 伊福よしはる 活動日記


宝塚市議会議員 伊福よしはるの日々の活動をつづります
by ifuku_yoshiharu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
検索
ホームページ
最新の記事
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2011年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧


議員総会 横領問題

a0084645_22364560.jpg
今日は、新聞でも報道された横領問題について議員全員による質疑が行われました。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2011-09-30 22:35

行政評価の導入・活用と行政経営 in日本経営協会

a0084645_17112428.jpg
講師は、いつも非常に理解し易い講義をしてくれる 関西学院大学 教授 稲沢克祐氏です。

これからの人口減少、高齢化社会に対応するためには、より最小の経費で最大の効果を出さねばなりません。

そんな行政経営をするためには、しっかりとした行政を評価する仕組みが必要です。

それを今回は、学びに来ました。




1.地方自治体の現状

・行政評価の導入により、財政の査定が根本から変わってきた。

・行政評価、財政改革、指定管理者の3つは、相互に関係している。

・行政評価の方式は、理想論だけでなく、実務的に適用できなければいけない。


◆予算編成改革は、なぜ必要か?

・シーリングで切っていくことに限界がきている。

・一律何%カットだと、本来必要な予算もカットすることになる。

・そのため、別の考え方が必要になった。つまり、新しい制度設計。


◆人、モノ、金、情報、ストック。

・インフラ資産は、新しいものができないだけでなく、古いものも更新できなくなる。

・10年後、さらに子どもの数が減り、高齢者が増える。


◆今後は、ファシリティーマネジメント(FM)が有効。

・公の施設(インフラ)の量・質の見直し。

・量:いらないモノは持たない。

・質:いるモノには、お金をかける。維持、修繕、長寿命化。

・FMを活用すれば、必要な経費も半分以下になる。


◆顕在化していないが、負の財産として、第3セクターの問題がある。




2.行政経営改革と行政評価

◆NPMによる行政経営改革の思考と流れ(1つの推進力、2つの論理、3つの視点)

1)公共部門改革の推進力:1つの外圧「市場原理」

経済の停滞、財政赤字、公的債務の増大、公共部門への不信感…

→ 税収が伸びない、公共部門への需要が多様化・高度化

→ 「さらなる国民負担」を求める

→ 説明責任(アカウンタビリティ):少ない負担でより多くのサービス、負担に見合ったサービス

→ 公共部門の効率化・活性化の必要性

そのために、民間企業の考え方・理念を取り入れる

→ しかし、行政運営の場では、なかなか機能しない、始まらない

→ そこで、「外圧」を加える。外圧とは、「市場原理」


<市場原理を導入しながら、セーフティネットをしっかりとはることが大切>



2)2つの理論:「させる」か「任せる」か

・させる:報酬とペナルティ(短期的目標に適する)

・任せる:責任感と達成  (長期的目標に適する)

・成果と分権化。


・指定管理者にも、任せる、させるの論理が当てはまる。

・任せる:事業提案通り行う

・させる:モニタリング(おかしい点が出てきたら、注意、介入していく)丸投げではいけない。



3)3つの視点VFM

・経済性、効率性、有効性。最小の経費で最大の効果を得るためには、3つの視点が必要。


・成果とは、市民生活、住民生活がどう変わっていくのか?示さなければ意味がない。




3.行政評価の基礎的理解

1)行政評価の体系化

行政評価の階層別体系をつくること。(例:八尾市)


2)行政評価と目的体系化

・目的と手段による事業の体系化が必要

①事務事業レベルの評価対象の明確化

②事務事業の目的の明確化

③実施する事業と総合計画の目的と手段の関係の整理



・行政評価をすることによって、職員に負荷をかけたくない、は間違い!

・活用されれば、負荷にはならない。(どう活用されるかをしっかりと考えること)

・予算要求するのに、職員に負荷がかかっているか?



◆行政評価を活用する課がどんな情報が欲しいのかがポイント。

・予算事業と評価事業が違っている(秩父市では1ヶ月で改善)

・情報が古すぎる。


財政課において、行政評価指標に改善要求がのっていなければ、評価しません。予算要求、増額要求するなら、行政評価にしっかりと記載しないと評価しません。

茅野市では、2010年の評価シートはあふれるぐらい書かれていた。


2)行政評価の類型

・プログラム型:施策ごとに深く評価(実験対照法など科学的評価、国の評価、精密検査)

・業績測定型:全業務を評価(指標を用いた簡便な手法、自治体の評価、定期検診)

つまり、宝塚市では、事務事業の2次評価を1/3ずつ3年にかけて行ったが、自治体の評価は業績測定型の定期検診タイプなので、毎年しなければ意味がないのです。



4.事務事業評価における指標設定


1)目的体系の整理


今やっている仕事の総合計画での位置づけ。上位目標への貢献が大切。

ポイントは、政策目的の関係図を作ること。~によって、~する、という関係になっているか?



・VFM

成果/コスト = 経済性<投入指標> × 効率性<活動指標> × 有効性<成果指標>

その数値はどこの指標なのかが理解できる。また、どこへポイントを置くべきかも分かる。


2)目的評価の手順

・自治体関与の必要性

・妥当性(政策体系上の目的に結びつくか:手段は妥当か)

・有効性(成果向上の余地はあるのか:同一目的の事務事業はないか)

・効率性(成果を落とさずにコスト削減可能か:民間委託は可能か)



3)活動指標と成果指標の作り方

手段:活動指標

意図:成果指標


<成果指標の作り方>

①事務事業の目的を対象と意図に分ける
  ↓
②意図のキーワードを抜き出す
  ↓
③意図のキーワードを指標的表現に置き換える
  ↓
④指標的表現を算式にする

つまり、

意図:できるだけ速やかに増やす
  ↓
キーワード:「速やかに」「増やす」
  ↓
指標的表現:「迅速度」「増加度」
  ↓
算式:増加度=(累計数)/人口


<ポイント>

①目的の明確化:対象と意図

現状:その地域において救急指定医療機関が少ない

対象のあるべき姿:その地域において救急指定医療機関数を早期に増やす

②意図からキーワードを抜き出す:副詞)早期に、動詞)増やす

③キーワードを指標的表現に置き換える



ここでは、課題を発見するための視点が整理されているかが大切である。

評価の視点として、

妥当性 1 : 効率性 4 : 有効性 4 → B評価

妥当性 4 : 効率性 4 : 有効性 1 → B評価

では、意味が無い。

妥当性がない、有効性がないものに、効率化しても意味が無い。

物事の入り口、出口の部分をしっかりと抑えて、効率化を行うこと。



また、成果が十分でている場合は、成果を落とさずにコストを下げていく。(これが、効率化の話になっていく)


成果指標は、事務事業の成果指標か、施策の成果指標になっていないか?


<ポイント>

・事務事業の担当の権限と財源で、達成可能な指標値となっているか?

・1年以内に達成可能な指標値となっているか

・指標づくりには研修が必要。どんどん研修を行い、より良いものにしていくこと。




5.行政評価の導入の仕方

数値は、使われれば情報になる。

使われなければ、ただの数値だ!


1)事務事業評価の視点

①事業の妥当性

・目的の妥当性◎

・自治体の関与の妥当性◎

・住民ニーズ

・対象(受益者)の妥当性

・事務事業を取りやめた場合の影響

・緊急性

②事業の有効性

・目標(改善)達成度◎

・上位施策への貢献度◎

・住民サービス

・関係法令から見た効果

・適正管理

・予測する目標


③事業の効率性

・コスト削減◎

・コスト効率◎

・手段の最適性◎

・負担割合の適正化(公平性、受益者負担割合)◎

④その他

・住民の参画

・民間企業、住民団体との協働の可能性

・環境への配慮



2)事務事業評価の実践的理解

妥当性、効率性、有効性に対して、数値を当てはめていくが、数値を入れることが目的ではない。

改善点を出させることが目的。自分たちでどう改善していくかを考えさせることがポイント。




6.総合計画の進捗管理への活用

1)総合計画策定への活用と事業の一致

計画事業、予算事業、評価事業の不一致が多々見られる。

総合計画上の施策体系の整理方法は、体系表からアプローチすることが大切。

そうすると、1つの施策に1つの施策体系があるものがでてくる。通常は、複数の施策の体系となるべきである。

1つの施策しかない場合は、それは事務事業として整理すべき。そしてどこかの施策に入れる。

こういう方法で、整理していく。そしてどの層を抜いていくか。

また、どこにも属さない事業がでてくる。そして上位と合っていないものもある。

これらを体系表から整理していく。


そして、1施策1部長の管理に入れてしまう。



2)総合計画の進捗管理は、施策評価で行う

施策評価の目的

①施策間の重点付(相対化)(住民意識調査結果、左記の結果に対する現状分析・住民との協議結果)

②施策構成事務事業の重点化(相対化)(施策構成事務事業の評価、左記以外で目標達成に必要な実施主体及び事業等)

③施策指標/役割分担の評価(施策の現況と課題、施策の意図・今後の展望、施策指標の検討・設定、施策の現状分析に基づく改革案の説明)



3)施策の重要度・満足度調査

満足度が高い
  ↑     
  ↑      |
  ↑ ④Ⅲ  |  Ⅰ③
  ↑  ↓    |    ↑
  ↑--↑-----↑-
  ↑   ↑   |    ↑
  ↑  Ⅳ② |  Ⅱ①
  ↑      |
  ↑→→→→→→→→→→→→重要度が高い

①~④は、優先順位。

④で下げた資源をⅡ、Ⅳに振り分けた方が良いという判断ができる。




7.予算編成への活用

茅野市の場合は、政策的経費の査定を先に、経常的経費は後から行なっている。

手段をすべて棚卸しできる。

人件費の事業もすべて棚卸しができる。

財政部門、政策部門の人の入れ替えを行った。

財政と行革がすれ違いを起こさないように。

財政→企画→行革 と人で動かしていくことが大切。




8.行政評価導入による予算編成改革

NPM型予算編成。

総合計画と予算を合わす。


四日市の場合は、9本の柱があった。

その中で4つを戦略的に立て直し、これには予算を付けた。他は削った。

戦略 → 集権化
   ←

成果 → 分権化
    ←

戦略プランは、政策プラン・財政プラン・行革プランが一体化になっている。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2011-09-29 23:09

23年度 9月議会 一般質問の内容

a0084645_22451718.jpg
今日、一般質問の通告を行いました。

今回の質問は3点に絞りました。

というのも、常任委員会の委員長の仕事量が格段に増えたため、一般質問にかける時間が以前よりも少なくなったためです。

「協働のまちづくり」や「コミュニティ施策」、「財政問題」、「行政評価」、「市立病院」、「資源ごみの持ち去り問題」についてもやりたかったのですが、12月議会に持ち越しです。


<質問内容>

1.公共工事における検査体制について

・公共工事における、主な追加工事の内容は

・工事期間中に行う検査は適切に行っているか

・工事会社任せではなく、宝塚市としてのチェックマニュアルが必要ではないか

・監査事務局に工事の内容や検査が分かる人材が必要ではないか


2.学校の施設・設備について

・学校の施設や設備において、耐用年数が過ぎている、また壊れているものが散見される。必要なものは更新すべきではないか

・特に一部の学校のグラウンドは、水はけが悪く、早急な土壌改良が必要ではないか


3.市役所横のNTN跡地の利活用について

・工場の跡地の利活用を検討している他市の動向は把握できたか

・それを踏まえて、その後の進展は
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2011-09-27 22:39

第26回 宝塚市西校区親善軟式野球少年野球大会 開会式

a0084645_23133022.jpg
今日、高司小学校にて、西校区の大会が開会しました。

この大会は、本当の6年生最後の大会になります。

7チームの総当たり戦になりますので、本当の実力が発揮されます。

また、日頃大会に出ていない選手もたくさん出てきますので、思い出づくりの大会にもなっています。


もちろん、強いチームもあれば、弱いチームもあります。

全く手が出ない対戦相手もありますが、そんなの関係ありません。

常に自分たちが、少しでも成長できれば、進歩できれば、それがやがて結果につながってきます。


昨日の自分より、少しでも進歩した今日の自分が大切。

玉磨かざれば、光なし!
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2011-09-25 23:11

末成小学校 運動会

a0084645_15513175.jpg
今日は、末成小学校の運動会に出席しました。

徒競走や踊りなど、たくさんの種目が行われました。

やはり、低学年の踊りはかわいいですね。

それと「マル・マル・モリ・モリ」は今の定番ですね!

高学年の1対1の騎馬戦は迫力がありましたが、団体で帽子を取り合う騎馬戦では、逃げている騎馬が多く、司会の先生もその場で4秒立ち止まっていたら失格!など急遽ルール変更をしたり、私たちの時代との差を感じました。

私はもちろん騎馬を支える一番前でしたが、隙をねらって敵陣に突っ込んでいったり、相手を挟み撃ちにしたり、向かってくる相手には戦いを挑み、相手の騎馬を押し込んでいましたが… 今はおとなしくなったのかな?

a0084645_1621767.jpg

[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2011-09-23 21:50

産業建設常任委員会 開会

a0084645_22322189.jpg
今日、産業建設常任委員会が行われました。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2011-09-22 22:31

第15回宝塚市軟式少年野球選手権大会 準決勝、決勝、閉会式

a0084645_2344213.jpg
今日も昨日に続き、ダブルヘッダー。

準決勝、決勝を行いました。

宝塚で唯一残ったのは、仁川ユニオンズ。

準決勝の対戦相手は、川西市の明峰少年野球クラブ。

それほど大きな選手はいませんが、まとまったチームです。


中盤、明峰がフォアボールと安打で1点先取。

同じ回に、もったいない追加点を献上。2対0となった。

最終回、ヒットを連打し1点を返すも、最後の1本が出ず、負けてしまった。

本当におしい試合でした。


しかし、対戦競技とはこんなもので、本当に力の差は均衡していました。

やはり、勝敗の差は、ここぞというときにエラーやミスをしないこと、

だと痛感しました。


敵は相手であり、自分のなかにもいるのです。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2011-09-19 23:03

第15回宝塚市軟式少年野球選手権大会 3回戦、準々決勝

a0084645_225750100.jpg
今日は先週の雨で順延になった3回戦と準々決勝を見に行きました。

ここまでで、宝塚の残ったチームは4チーム。

仁川ユニオンズ、丸橋小クラブ、西谷ラビッツ、フロンティア安倉。

結果は、唯一仁川ユニオンズが、準決勝に進出しました!

他のチームも大接戦だったのですが、わずかの差で負けてしまいました。


仁川ユニオンズには、宝塚代表として優勝目指して頑張って欲しいです。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2011-09-18 22:56

高司中学校 運動会

a0084645_22554828.jpg
今日は、母校の高司中学校の運動会に列席しました。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2011-09-17 22:55

産業建設常任委員会 論点整理

a0084645_2229263.jpg
今議会から始まった論点整理。

議案ごとに、各委員の論点を整理し、論点ごとに質疑、自由討議を行なっていきます。


すべての整理作業を委員長が行わなければならないため、大変な作業量になっています。

委員会の進行については、頭の中にイメージができているため、問題はないのですが、なにぶん事務量が…。

なんでも初めての試みは、基本や基礎、ベースを作るのが大変ですね。

ルーチンとして回るまでは、委員長は火の車です。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2011-09-15 22:25