宝塚市議会議員 伊福よしはる 活動日記


宝塚市議会議員 伊福よしはるの日々の活動をつづります
by ifuku_yoshiharu
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28
検索
ホームページ
最新の記事
以前の記事
2017年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 05月
2007年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2014年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧


平成26年1月 議会報告会での質問の回答 街路灯LED化

a0084645_15112038.jpg
今日は、さらら仁川で議会報告会を行いました。
仁川での開催は今までなく、今日はたくさんの方々にお集まり頂きました。

私は、決算特別委員会の報告をしました。


報告書の中に、街路灯をLEDへ変更していく事業において、なぜLEDを購入するのではなく、リース契約にしたのか?

という、質疑があり、これに関して質問がありました。



質問があるのは当然です。

私も、おかしいと思い、決算特別委員会で質問したのですから…



通常、リース契約は、購入するより、高くなるのが普通です。

私は、自治体の契約行為に関して、勉強をするにつれ、自治体のリース契約について、色々と考えさせられる点がありました。

それらを勉強すべく、研修にも参加してきました。


リース・レンタル・業務委託をめぐる契約事務の基本と運用のポイント 第1日目 日本経営協会

リース・レンタル・業務委託をめぐる契約事務の基本と運用のポイント 第2日目 日本経営協会


通常、リース契約は、購入するより、高くなるのが普通!

リースとは、購入する資金が手元にないとき、ある意味借り入れを行うのと同じように、ファイナンス(リース)会社へ、高い金利でお金を借りるのと同じなのです。


通常、お金がない場合、銀行に借り入れを起こし分割で支払いをしますが、銀行が貸してくれない場合は、設備投資や、物品を購入するのに、ファイナンス(リース)会社との間で一種の借り入れ・分割払いを行うようになったのです。



なので、リースを組む場合、通常の方法で購入するより、また銀行でお金を借りるより、高い金利を支払っていく事になるのです。


リースのファイナンス的な意味合いが分かっていれば、誰でも疑問に思う点なのです。




では、実際に宝塚市がLEDを購入ではなく、リース契約した件については、財政的な裏付けがあるのかどうかです。


それは、私も決算特別委員会中に指摘し、資料として計算書を提出してもらいました。


LEDのリース契約の計算書
a0084645_1528418.png



書かれている内容は、

①ケース1:5年計画でLED工事を完了した場合

②ケース2:10年間リース契約の場合(積算の場合)

③ケース3:10年間リース契約の場合(実際の契約結果の場合)

LED化灯数:17683灯



結論から言えば、10年間リース契約を行い、一気にLED化することにより、10年間の電気代が削減でき、トータルでリースの方が、約5000万円削減できるということです。


(重要な補足:ここで、ダマされてはいけないのが、購入にかかる費用が本当に行政が示した数字で良いのかどうかという点です。確認しましたが、3社に見積もりをとったそうです。あくまで、見積です。細かく突き詰めていけば、もっと安く購入できたのではないか?という事も言える訳です。)



つまり、LEDを購入する場合(ケース1)、購入費として約3億7700万円かかります。

それを一気には払えないので、5年に分けて購入する計画にしています。

この場合、5年間かけて、白熱灯をLEDに変えていくため、従来の白熱灯が残る分、電気代がLEDより高くなります。



これを、10年リースという契約を行い、一気にLED化を行い、白熱灯からLEDへ総入れ替えすることにより、今までかかっていた電気代が年間約3300万円削減されることになります。


そして、この電気代と差額分と、購入にかかる金額と10年リースの金額をトータル的に比較すると、10年リースした方が、約5000万円安くできるという計算になったそうです。


よって、市の財政的な問題をリースというファイナンス手法を使い、一応切り抜けた?形になっているのです。



しかし、今回は電気代が大幅に削減されるため、リースという契約手段をとっていますが、

通常、リースは銀行でお金を借りるより、多くの金利を払っているのと同じことになります。

普通は、購入するのが当たり前です。



お金の勘定をせず、物品が欲しいからという目的だけで、安易にリース契約することは、

高い買い物をしていることになるのです。


自治体のお財布の現状は、本当に分かりにくいものになっています。

担当課も、市全体の財布事情に関しては全く分かっていないでしょう。



だから、安易にリース契約することは、負担増につながるのです。



行政の会計は、単年度会計です。

複数年度にまたがる事業に関しては、財政的に非常に把握しづらくなっています。

リース契約をする事により、単年度的には、少ない支出で欲しい物品を購入できますが、事業トータルで考えれば、多額の出費になっているのです。



行政職員には、もっとリースについて理解し、安易なリース契約を結ばないよう注意するべきなのです。
[PR]

by ifuku_yoshiharu | 2014-02-04 21:07